今日のお勧め絵本シリーズは、

渡辺茂男さん作、山本忠敬さん絵の絵本

「しょうぼうじどうしゃ じぷた」です

(福音館書店の公式サイトはこちら

 

読んであげるなら  4才から

自分で読むなら  小学低学年から

 

 

山のそばにある町の消防署に

はしご車ののっぽくん、

高圧車のぱんぷくん、

救急車のいちもくさん、

そして

ふるいジープを改良した

ちびっこ消防車のじぷたがいました

 

のっぽくん、ぱんぷくん、いちもくさんは

大きな火事や事故の時に大活躍、

自他共にかっこよさを認める

子供たちの憧れの存在でした

 

でも、ちびっこ消防車のじぷたのことは

誰も認めてくれません

 

じぷた自身も自分のことが嫌になったその時、

大きな山火事があって・・・

そのあとの展開は、かなり感動的!

最初の頃に読み聞かせをするたびに

涙が出て声が震えていましたっけ(^ ^)

 

絵が少し渋いですが(笑)

内容はとても良く、深いです

 

少し話の展開が難しいのと、

文章も長めなので、

4歳以上、というのがわかります

 

内容的には小学生低学年のほうが

作者の意図がわかって読めるかもしれません

 

ちなみに、乗り物好きのトラ君は

幼稚園のときのお気に入りの本でした

 

今は、小学校生活が忙しく、

なかなか読み聞かせをしている時間が

なくなったけれど、

まだまだ自分で本を読むほど、

ひらかなカタカナがスラスラ読めないので、

また読んであげようかな ♬

 

 

※今までにご紹介した、お勧め絵本シリーズです

《赤ちゃん絵本》

やさいのおなか

でんぐり でんぐり

どんどこ ももんちゃん

でんしゃにのって

おててがでたよ

じゃあじゃあ びりびり

 

《幼児向け絵本》

はじめてのおつかい

わたしのワンピース

ぶたたぬききつねねこ

あひるのバーバちゃん

くれよんのくろくん

だるまちゃんとてんぐちゃん

とんでけ とんでけ おお いたい!

そらまめくんとめだかのこ

せんたくかあちゃん

 

《小学校低学年向け絵本》

いもとようこ世界の名作絵本

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)