ごはん・おかずレシピ

子供も大人も喜ぶ簡単健康おかず♪「タラと冬野菜のフライパン蒸し(味噌レモンソースがけ)」


今が旬のタラ、白菜、長ねぎ、ちぢみ雪菜を使った
簡単健康おかず作ってみました♪

(材料)3人分

・真だら(生 切り身) 3切れ

・白菜         1/4カットのうち3枚分

・ちぢみ雪菜      1株

・長ねぎ        1/2

・塩          少々

・こしょう       少々

・味噌         小さじ2.5

・レモン汁       小さじ1

・だし汁(和風だし)  小さじ2

(作り方)

①タラの切り身に塩・こしょうをふっておく。

②白菜を一口大にそぎ切りし、雪菜
 長ねぎもそれぞれ食べやすい大きさに
 斜め切りにしておく。

③味噌、レモン汁、だし汁を混ぜ合わせてソースを作る。
 (家にあるかつおのだしを使いました)

④フライパンに②の野菜を並べ
 その上に①を並べる。

⑤フライパンに蓋をして、火をつけ、
 中火で温め始める。
 野菜に火が通って水分が出始めてきたら、
 火加減を 中火と弱火の間にして6-7分ほど蒸す。

⑥タラに火が通ったら野菜と共に器に取り出して、
 ③のソースをかけて出来上がり。

一口たべた子供達からは
「美味しい!!!(≧▽≦)」と♪

どちらかというと魚が苦手な長女のばなな(小6)と
次女のめろん(小3)ですが、今日の魚料理は
気に入ってくれました(#^^#)

蒸したタラはしっとり柔らか、
野菜も甘味があり、
手作りの味噌レモンソースも気に入ってくれ、
パクパク食べてくれました♪

美味しくって私もあっという間に食べてしまいました(笑)
おかわりしたかったな(^^)

この日はいつもより夕飯を作り始めるのが
遅くなってしまいました、、
そして、今年は昨年以上に忙しくなりそうな予感、、

今まで以上に時間をかけずに料理する必要がありそうです(;^_^A

そこで、もっと簡単に、美味しく、健康的に料理するには
どうしたらいいかなぁと考えてみました。

これまで作った料理を振り返りながら、
根菜やブロッコリーなど蒸し器で
短時間で蒸していたことを思い出していて、
やっぱり「蒸し」料理かなあと思っていたのですが、
フライパンで野菜と魚を一気に蒸してしまう方法を
人を通じて教えて頂きました☆

そこで、冷蔵庫にあった旬の冬野菜と
買ってきた真鱈の切り身を使って
簡単蒸し料理してみました♪

野菜と魚を一度に蒸してしまう料理をしたことが
あまりなく、私にとっては新しい方法でした☆
忙しい時、野菜と魚を別々に料理する手間も省け、
蒸すことで素材の味が生き、
魚苦手な子供達も美味しく喜んで食べられるので
とても嬉しかったです(*^-^*)

『私たちの生活の中で一つ一つ
 すべて新しくすることがあります…
 …(新しくやれば)新しく得て、変化して、
 理想的で、新しくやったので苦労も少なくします。
 はるかに面白いし、はるかに理想的だし、
 はるかに有益が多く、新しくするから、
 私たちが生活の中で一つ一つ、
 新しくできないことは研究が必要です。
(鄭明析牧師の御言葉から)』

家にあるもの+αで、
短時間で美味しく料理できるように
新しい知恵を下さった神様に感謝します(*^▽^*)

ところで、

「蒸す」という調理法の魅力について
 あらためて調べてみました。

簡単にまとめると

・素材の味を生かす
・短時間で火が通る
・うまみや水溶性の栄養が溶け出さない

ということなのですよね。

どうして短時間で火が通るのかというと、

専門家の方曰く、

「蒸すとは、食材を水蒸気によって加熱する調理法です。
この水蒸気は食材に触れて温度が下がり、
水に戻る瞬間(これを凝縮と言います)、
保有している熱をまわりに一気に放出します。
放出される熱の量を凝縮後の温水がもつ熱の量と比較すると、
その差は実に2~5倍程度にもなるそうです。
この熱が一瞬のうちに放出され、食材に伝わるのです。」

とのことなのです。
(更なる詳細は、最後尾のサイトを参照)

このような原理を利用して、
短時間で料理ができるようにし、
しかもうまみや栄養が溶け出さないようにし、
形も崩れないようにしてくれるんですね~。

神様が大自然の中で育てて下さった食材を、
栄養を損なわず美味しく健康的に
いただけるようにと下さった料理の知恵なのですね♪

あらためて、全ての人達を愛して日々食材を下さり、
料理の知恵を下さる神様に感謝します(#^^#)

(参考:プロから学ぶ日本料理の基本)
https://style.nikkei.com/article/DGXZZO02114040Q6A510C1000000/


ABOUT ME
チェリー
チェリー
元気一杯の小学生の娘たちと、多忙な夫の健康管理のために、身近な食材で時短、かつ、手軽に作れる食事作りを研究中☆