つれづれ

器がはずれない


どうもこんにちは。

徳島だよりの時間です。

先日、大変なことが起こりました。

うちにある陶器のスープカップに、陶器の小鉢がはまり込んでしまい、抜けなくなってしまったのです。

押しても引いても全く外れず、びくともしませんでした。

何という事態でしょう。

こんなことは初めてです。

確か昔、探偵ナイトスクープという関西人なら誰もが知ってる番組でこんなことがありました。

毎回視聴者の様々な依頼を解決していくこの番組で、陶器の器が外れなくなってしまったという依頼がありました。

(普段は一般人が依頼者なのですが、この時の依頼者はなんと…)

今まさにその時のようなことが起きています。過去に起こったことは未来にもあるし、今起こっていることは過去にも起こったことである。そう、歴史の同時性です。

さて、どうしたものかと妻と一緒に考えてましたが、すぐにはどうしようもないので、時間ができた時に考えることにしました。

そんなある日、仕事から帰ってきたら、なんとビックリ!

器が外れていたのです。

あんだけやっても外れなかった器が…

実は、これには妻と神様との愛の経緯があったのです。

妻も器を外すために、引っ張ったり、冷やしたり、様々なことをしましたが、外れませんでした。その時ふと妻は思いました。

こんな小さなことでも、神様と対話しながらするべきではないのかと。

妻は神様と対話しながらこの問題に取り組み、結果的に、逆さにして思い切り叩くという方法で、ついに器を外すことに成功したのでした☆

それを聞いて、神様との対話の威力がどれほどすごいものかということを、私は悟りました。

小さな問題でも、神様と対話しながら解決するのが大事ですね。


ABOUT ME
義高(よしたか)
徳島県で働く地方公務員です。大学生の時に「キリスト教福音宣教会(摂理)」に出会いました。趣味は音楽(ギター、ベース、カホン等)、鉄道、旅行、美味いもの巡り、お笑い、不定期に行なう筋トレ、ラケット系競技など。基本的にのんびりまったりとした人間です。最近のマイブームは卓球、ロシアワールドカップを機にサッカー観戦にもハマりました。地元なので徳島ヴォルティスは応援してます。摂理で出会った人と結婚し、現在はニ男(まーくん、まっきー)の父親です☆