どうもこんにちは。
徳島だよりの時間です。

3/17(),ここ徳島では一大イベントがありました。
そう,とくしまマラソンです。
私はこのイベントに今回初めて参加するようになりました。

ん?私がランナーとして走ったって?
まさか,そんな体力はございません。
交通整理のスタッフとしてです。

ランナーが走るコースは,当然交通規制をして塞がなければなりません。
しかし,コースを横断する一般の歩行者や自転車もいるわけで,そういう人たちを通してあげるのが仕事です。
私が今回割り当てられた地点は,一番交通量が多いと言われる交差点
過去に経験した人の話では,早く通せと文句を言ってくる人も多いんだとか。
なかなかハードな場所を割り当てられてしまった私。
勘弁してほしいなあ
でも,自分が昔こういうマラソンイベントによる交通規制に心底腹を立てたこともあったので,文句を言う人の気持ちも分かります。
どんな文句を言われても,ひとまず耐えよう。
そう思いながら,お祈りして交通整理に臨みました。

私の地点はゴールまで500mほどの距離だったため,ランナーの隊列が一番伸びきった状態になる場所。
なので,ランナーが多く通る時間が長くなってしまいます。
一気にランナーが来たときに,通行人を通すタイミングを図るのはなかなか難しかったです。
ランナーが次々と押し寄せる中,私たちが四苦八苦していると,神様は人を送ってくれました。
陸上協会の方々が来てくれて,通行人を通すタイミングを指示してくれるようになったのです。
おかげで,一気にやりやすくなりました。
いや~感謝ですね。

しかし,今度はまた別の患難が。
天気予報では,雨が若干ぱらつく程度の予報でしたが,かなりの勢いで雨が降ってきたのです。
こんな事態を想定してなかったので,私はスタッフベストを着たまま雨に打たれました。
さすがにこれは寒い。体感温度でいったら10度くらいでしょうか。
もう3月も下旬にさしかかるのに,冬に戻ったみたいでした。
しかし,ランナーの皆さんはもっと大変なのだろう。
ゴール手前で雨風に打たれて,みんな非常にしんどそうな顔をしたまま走っていました。
耐えきれず,付近のコンビニで雨ガッパを買う私。
ああ神様,どうかこの雨をやましてくださり,恵みの太陽をお与えください。
すると,しばらくしたら雨が止みました。そして太陽の光が降り注いできたのです。
いや~感謝ですね。
神様は患難の後に栄光を与えてくださるんだと感じました。

ラストスパートをかける地点というのもあり,ランナーの方々にも声援を送りました。
大概の人はそのままスルーしていきますが,中には「ありがとうございます!」と返事をしてくれた人もいたので,ちょっと嬉しくなりました。
やはり反応って大事ですね。
(疲れ果てて反応する力もない方が多かったのかもしれませんが

いろいろありましたが,神様のはたらきを感じられるとくしまマラソンでした。
結局文句を言ってくる通行人もいなかったし,みんな協力的で助かりました。
次回は選手として
出ないかな。うん。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
義高(よしたか)

義高(よしたか)

徳島県で働く地方公務員です。大学生の時に「キリスト教福音宣教会(摂理)」に出会いました。趣味は音楽(ギター、ベース、カホン等)、鉄道、旅行、美味いもの巡り、お笑い、不定期に行なう筋トレ、ラケット系競技など。基本的にのんびりまったりとした人間です。最近のマイブームは卓球、ワールドカップを機にサッカー観戦にもハマりそう。摂理で出会った人と結婚し、秋に待望の第一子である男の子(まーくん)が誕生しました!
義高(よしたか)

最新記事 by 義高(よしたか) (全て見る)