毎年夏休みは、子供達と一緒に私の実家に帰省し、
自然を満喫して過ごしていましたが、
今年はいつもと違う夏休みを過ごしました。

「ばっちゃんじっちゃんのおうちに行きたいな」

春休み前から、時折、子供達が話していた言葉でした。

「夏休みは行けるかな~。プールで遊びたいし、
堤防でお散歩もしたいし…」

夏休みが近づくに連れて、毎日のようにこう言っていました。

けれど、私達家族が住む地域の状況と実家の地域の状況を考えると
到底行けそうにありませんでした。
このコロナ禍で行けそうにないことも子供達はわかっていました。
でも行きたくて仕方がない…。

ところで、夏休みに入る3週間ほど前に祖父母からあるものが届きました。

小学校に上がる前の子供達の幼い日の様子を撮影した動画でした。
長期の休みの度に帰省し、祖父母宅で過ごした毎日の生活の記録です。

夏休みに入ってからその懐かしい映像を子供達と見ました。
幼い日にプールで遊んでいる姿や、家の中で遊んでいる姿など、
懐かしい映像が盛りだくさん。

映像を見ている時、まるで実家で過ごしているかのような気分になり、
不思議な感じがしました。

「ママはビデオを見て、ばっちゃんのおうちで過ごしているような感じがしたよ」と話したら、

「うん、、でも、やっぱり行きたーい!」と子供達。

祖父母の元に行きたい想いを募らせながら毎日過ごしていたある日、
再び祖父母の元からあるものが届きました。

今度は、食器類でした。

帰省する度に子供達が使っていた専用の食器。

「やったぁ!!!」

お気に入りの食器だったので、子供達は大喜び♪
早速その食器を使って食事をしました。

長女「ばっちゃんちで食べてるみたいだね」
次女「うん、、、でもやっぱり行きたいな、、、」

行きたい想いを一層募らせて過ごしていたある日、
祖母から、「小さい頃使っていたプールを送ってあげるね」
とのメールが届きました。

プールで遊びたくて仕方がなかった子供達。
そのことを祖父母に話したことはありませんでしたが、
子供達の心を知ってるかのように絶妙なタイミングで連絡をくれました。

プールが届く前日の夜、寝ている子供達の枕元を見ると、
洋服ではなく、水着がおいてありました(笑)
起きたら水着を着て過ごし、
プールが到着したら直ちに遊ぶつもりでいたようです。
心待ちにしているのが伝わってきました。

翌日の午前にプールが到着。
幼い日に、帰省する度に使っていた幼児用のプール。
直径1m、深さ30cmの小さなプールでした。

身長約150cmと130cmの姉妹。
もう、小さい頃のように寝そべることはできないですが、
二人で向かい合って座ることはできました(笑)

プールが届いたその日、お昼ご飯を挟んで、
午前午後、めいっぱい、小さなプールで水遊びを満喫した二人でした。

神様が、このコロナ禍で帰省できない状況と、
帰省できずに残念に思って、いつになったら行けるのかと
その時を心待ちにしている子供達の想いをご存知で、
予め様々に働きかけて下さったことだと分かりました。

祖父母の元から、実家で過ごした幼い日の映像が届くようにし、
それを見ることで楽しみつつ、
まるで祖父母宅で過ごしているかのような気分にさせてくださったこと。

帰省の度に使っていたお気に入りの食器を、
祖母が子供達に送りたくなるように感動を与えて送るようにさせ、
その食器で食事することで、祖父母宅で食事しているような気分にさせて下さったこと。

幼い日に帰省の度に使っていた幼児用のプールを、
またもや祖母が子供達に送りたくなるように感動を与えて送るようにさせ、
そのプールで遊ぶことで、祖父母宅で楽しく水遊びしている気分にさせて下さったこと。

子供達の願いは、実際に帰省して楽しく過ごすことでしたが、
神様の方法は違いました。

”わが思いは、あなたがたの思いとは異なり、
わが道は、あなたがたの道とは異なっていると主は言われる。

天が地よりも高いように、わが道は、あなたがたの道よりも高く、
わが思いは、あなたがたの思いよりも高い。”

                       (イザヤ書55章8-9節)

”将来にばかり望みを置いて生きる人たちは、
いつも「将来、将来、将来」と言います。
そうしないで、いつも今、今、栄えるようにしてくださいます。
自分の考え通りの祝福、その考える通りの祝福ではありません。
神様の方法通りです。神様が下さる時には違う形で下さいます。
それがふさわしいからです。 ”    
                       (鄭明析牧師の御言葉より)

子供達は、実際に行けないことを残念に思う気持ちがありながらも、
神様が、帰省できないことをすでにご存知で、
予め祖父母を通して実家にいるような環境を作って下さり、
楽しむようにさせてくださっていることだと分かって感謝し、
暑い中、小さなプールでめいっぱい遊びまくりました。

もうすぐ夏休みも終わり。

神様と自分達の考えはこんなにも違うんだなと実感する体験をし、
行けない状況の中でも最大限、実家で過ごしているような気分に
させて下さる神様の愛を感じるいきさつでした。

でも、子供達はやっぱり行きたくて仕方がない様子です。
「冬になったら行けるかな、、、温水プールに行って泳ぐんだ!」

冬は冬でどんな状況になるのかな、、、
果たして、神様の導きは?方法は?

全てをご存知の神様が、全てをご存知で
一番いいように導いて下さることを信じて感謝し、
心をあけて、神様の働きかけを見つけたいと思います。


The following two tabs change content below.
チェリー

チェリー

元気一杯の小学生の娘たちと、多忙な夫の健康管理のために、身近な食材で時短、かつ、手軽に作れる食事作りを研究中☆