摂理のあっこママです

10歳のチタちゃんが幼稚園に入る前まで
仲良しだったママ友にばったりと会いました

あっこも彼女もアラフォーでママになったアラフォーママ、
昔は気があってよくおしゃべりしたっけ。

メゾンカイザーで、久しぶりにランチしました

幼稚園や小学校に入ってから
子どもがどうだったか、
何を苦労しているのか、

そんな話をしていたら
あっという間に1時間が経過、、、

幼稚園生のトラ君のお迎えがあるので、
名残惜しく別れました

彼女との久しぶりの再会を
通して感じたのは、、、

お母さんは本当に忙しい、

なかなかゆっくりと
自分自身に向き合い、
神様に向き合う時間がない、
ということです

子どもが生まれてから、
小さいときはかわいいけれど、
肉体的に大変な時期、

発育とか、
食物アレルギーとか
発育とか、

寝返りをうち、
はいはいをし、
つかまり立ちをし、
歩き出し、、、

この辺りから
習い事は何をしようか、
幼稚園、保育園について悩み、

保育園、幼稚園に入ったら、
幼稚園のママ友との人間関係とか、
習い事とか、
他の子と比較した自分の成長が気になり、
年長になれば小学校をどうするかで走り回り、

とにかくご飯を作り、洗濯をし、
毎日ばたばたと生活を回し、

小学校に入ったら入ったで、
学校の PTAやら、
習い事や、その送迎やら、
子供の友達関係や
学校の宿題や
公文や塾や

そんなこんなで
子供が高学年になれば
中学をどうするかで
また走り回ります

なんやかんや
とにかく忙しいです

ママは、
目の前のことをこなすだけで精一杯。

自分自身のこと、
自分の内面に
ゆっくり深く目を向けている余裕がありません

そうこうしているうちに
子供が中学生になり、
高校生になり、

受験はどうするとか
学校はどこにするとか
将来どうしようとか

そんなことを考えて
奔走しているうちに
時があっという間に
過ぎ去ります

子供が就職とか、
子供が結婚とか、

それぞれの時に応じて
心配事や
悩みや
イベントが続き、

気がついたら、
あっという間に
孫がいたりして

また孫をどうするとか
自分の老後をどうするとか

その間に、
さまざまな問題や悩みが出てきて

生きるのが精一杯で
生きているうちに、

目の前のことに
ただただ一生懸命になっているうちに

気がついたら
人生の終焉を迎えてしまいます

その間にも、
自分自身に向き合い、
自分の限界にぶつかり、

人生の目的とか
人生の幸せとか
命の大事さとか
生命の神秘とか

神様に出会う機会は
神様がくださるけれど、

忙しい中で流されて
深く考えることもできず、

目の前のことで悩んでいるうちに
時が過ぎてしまうことも
多いかと思います

思い返して、
一歩立ち止まって、
瞬間きては去る
神様に出会うチャンスを
捕まえることができれば、

個人も
家族も

全く違った幸せな生に
転換することができるのに、、、

 

 

そのママ友に
神様の話をしたかったけれど、

神様の話に
耳を傾けるような心の状態ではなかったのが
とても残念でした

 

人間である以上、
神様は誰にでも必要だし、
御言葉はすべての人に対して
神様が話されている言葉です

目の前のことをただ一生懸命やっていて
一生が終わってしまうのではなく、
神様の声に耳を傾けてほしい!

彼女のためにも
彼女の家族のためにも

まだ神様を知らず、
御言葉を聞いていない方たちのためにも
祈ります

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
あっこママ

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(11歳)と息子(7歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり