娘の中学1年の合唱コンクール、

小学校までは「音楽会」だったので、

初めて「合唱コンクール」なるものを見に行った

 

学校主催(大人主催)ではなく、

生徒主催(子ども主催)ということで、

 

中学1年は、先生が手伝うけれど、

中学2年からは、先生は手を出さず、

自分たちで選曲し、

自分たちで練習し、

自分たちで衣装も振りも決めるとのこと

 

どうりで中2から、

合唱のレベルもぐんとあがり、

クラスのまとまりも驚くほど強いわけだ

 

選曲も、学年が上がるほどに

抽象的な歌詞や、社会的な歌詞、

難しいメロディになり、

中学生が選んだ歌の

歌詞やメロデイに心がグッと動いた

 

自分たちが中学の時は、

もう少し軽い内容だったような気がするけど、

数十年前で、すでに記憶の彼方である(^^;

 

いろいろと忙しいのもあり、

チタちゃんのクラスだけ見て帰ろうかと思っていたが、

結局、全学年全クラスの合唱を観賞して楽しんだ

 

 

 

 

さて、そこで私にとって1つの出来事があった

 

開演時間の少し前に会場に入ると、

母親だけではなく、父親の姿もちらほら、

保護者席がそこそこ混み合っており、

私は真ん中辺の空いている席に座った

 

しばらくして、生徒たちが

わいわい騒ぎながら入ってきた

 

小学校とは違って、

同じ制服を着ていて、探しづらい(^^;

 

「あれ、チタちゃん、見当たらないなぁ」

同じ制服、同じ髪型をしている子はいても、

遠目でもチタちゃんじゃないのはわかる

 

いないなぁと探していたら

 

チタちゃんが仲良しの友だちと

スキップをするように入ってきたのが、

ぱっと目についた

 

 

まるで目が吸い付けられるみたいに

チタちゃんの姿が目に入ってきた

 

よく運動会でも、音楽祭でも、

自分の子供ばっかり目に入るって

よく言うけれど、本当にその通りだと

親になってわかった

 

「キミは私の宝物。キミしか目に入らない♬」

なーんて考えながら、

チタちゃんに手を振った

(本人に言ったら、「うざい」と思う年齢なので、

直接は言わないけれど(^^; )

 

チタちゃんは、保護者席を見回して、

キョロキョロしていて、

結局、目はあわず、友だちと席に座ってしまった

 

私は、娘の姿がこんなにはっきり見えて、

娘しか目に入らないのに、

娘は、私の姿を見つけられないのか、、、

 

胸がチンとして、ちょっと寂しくなった

 

そのとき、これが神様の立場だと思った

 

神様は、愛する人がどこにいても見ていて

目を離せないのに、

あなたは気がついたら、他のことを見ている

その時、神様の胸がチンと寂しくなる

 

神様とあなたの目があった時に、

神様の胸がぐぐっと熱くなって、嬉しくなる

 

私は、

神様にたくさん寂しい思いをさせていたし、

今もさせているんだなぁ

 

それを悟らせてくださるため

チタちゃんと目が合わなかったみたいだ

 

あとで、チタちゃんと話したら

「ちゃんと探したよー。来るって言ってたけど

いないから、来なかったのかな、と思ったよ」

 

うん、探してたことも、見つけられなかったことも

母はちゃんと見ていたよ(^ ^)

 

母はいつも、あなたを見ている

 

そして、

神様もいつもあなたを見ているんだよ

 

どこにいても、何をしても

神様は、あなたから目を離せないんだよ

 

 

神様を幼い時から知って、

 

神様がいつも近くにいて、

どんなときも、

いい時も悪い時も、

共にして下さり、

守って下さっていることを

子供の時から知っているあなたは

本当に幸せな人生だね

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)