1995年3月20日に発生した

地下鉄サリン事件から23年がたちました

地下鉄サリン事件の実行犯たち(死刑囚)の

搬送がニュースになっています。

 

地下鉄サリン事件(テロ)が起きたのは、

通勤ラッシュ真っ只中の8時前後。

日比谷線、千代田線、丸ノ内線の5線で

オウム真理教により、サリンが撒かれ、

13人が亡くなり、6000人以上が負症され、

いまなお、後遺症に苦しむ多くの方々がいらっしゃいます

 

 

私は当時、日比谷線の八丁堀駅の大手の会社で働いており、

日比谷線で、銀座駅から八丁堀駅まで通勤していました

(同じ会社に摂理メンバーの女性が4人いました)

 

日比谷線でもサリンが撒かれており、

事件車両は8時過ぎに八丁堀駅を通過しました

 

職場でお祈りの条件を立てていたこともあり、

8時台前半に会社に着くのを目標にしていましたが、

その日は寝坊して、10時の始業時間に遅刻しそうで、

焦って、銀座駅の階段を駆け下りて、ホームに向かったところ、

電車が止まっていました

何もわからず、これで遅延証明書が出るから遅刻にならないと

思いましたが、いつになっても電車は出発せず、

「運転開始のメドが立たない」と車内アナウンスがありました

 

ぐるっと迂回して、昼頃に八丁堀駅のそばを通ったところ、

消防車や救急車が駅出口を囲み、

出口から煙が出ていて、物々しい様子でした

 

当時はスマホもなく、ニュースも見るすべもないので、

何が起こったのか、全くわからないまま、会社に行き、

会社のテレビで、騒ぎを初めて知って驚きました

 

多くの方が地下鉄の駅で被害を受けており、

日比谷線の八丁堀駅でも多くの被害者が出ました

 

 

平和な東京の真ん中で

一般市民をターゲットにした大規模な無差別テロ事件があり、

多くの方が被害にあわれたことを忘れてはいけません

 

二度とそのような恐ろしい事件が起こらないように、

この地上に真の平和が来るように、

理不尽に苦しむ方々が癒されるように心から祈ります

 

あっこ

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)