毎週の日曜日、今では当たり前に主日礼拝を捧げに教会に足を運びます。

 

自分が初めて主日礼拝に行ったのは、大学一年生の時でした。

初めての主日礼拝、とても緊張した記憶があります。

初めて参加してから、毎週日曜は主日礼拝に行くようになりました。

 

嬉しくて楽しくて行ったかどうかは正直疑問が残ります。

初めは御言葉を学ぶために、主日礼拝に行っていました。

 

日曜日、礼拝に行くことに関して葛藤がありました。

当時、日曜午前中に自分が好きなテレビ番組があり、
礼拝に行くとその番組が見れないので、礼拝に行くかどうか葛藤しました。

 

御言葉を聞きたい、好きなテレビ番組もみたい。

 

いつも葛藤がありましたが、とりあえず礼拝に毎回行くことにしました。

 

 

そんなある日のこと、
日曜朝少し熱が出て、体調が悪かった日があり、その日の礼拝は休もうとしました。

 

当日お世話になっていた先輩に、体調が悪いので今日は休みますと電話で伝えたところ、

先輩から「今日は頑張って来て!」と言われました。

 

「えーーー。休みたい…」(心の声)

 

体はキツいので休みたかったですが、先輩がこうおっしゃるのには何か理由があるのだろうと思って、
取りあえず礼拝に行くことにしました。

 

電車に乗っていても体調が悪かったです。

「体がきついのにそこまでして礼拝に行く必要はあるのか」

そう思いながら、一時間半以上かけて行きました。

 

礼拝の讚美の時間の途中に会場に着きました。

 

席についてお祈りしましたが、そのとき、急に涙が出てきました。

讚美を歌っていたら心が熱くなりました。

 

このとき、神様の愛を強く感じました。

 

【神様は自分が礼拝に来ることを待っていらっしゃったんだ】

【礼拝は神様に会いに行く時間、対面する時間、神様と愛を分かち合う時間なんだ】

ということを実感しました。

 

主日礼拝に行くことの価値をこのとき初めて実感しました。

 

自ら体験することって、本当に大切なことですね。

 

記事を書きながら、そのときのことを思い出しました。

初心を思い出しました。

 

新たな心で、主日礼拝にまた行きたいと思います!

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

hiro

幸せな家庭をなすために日々奮闘中!5歳の長男、2歳の娘の育児に励んでいます。子供たちと共に過ごす時間とても楽しいです。職業は医療機器の営業。各地を駆け巡っています!好きな食べ物は、鶏肉、餅、フルーツです♪
アバター

最新記事 by hiro (全て見る)