雨上がり、9歳トラ君と13歳チタちゃんとお散歩中

コンクリートの上をミミズが動いていた

人間にとっては、すぐそばに花壇があるけれど、
ミミズにとっては、絶望的に遠く、向かう方角もわからないよね

近くに落ちていた木の葉や木やビニールを駆使して
キャーキャー言いながら、花壇に投げ込んだ

ミミズをビニール越しに触った
ぐにゅっと柔らかい感触が気持ち悪かったけれど、

翌日、公園で干からびているミミズを見て、
「あのミミズ生きてるよね」とふっと思った

先週の土曜日、一足先に家を出た
ぱんだパパとトラ君

コンクリートの道端を困ったように見つめていた

視線の先にいるのは、小さな雀(すずめ)

飛ぶ練習をしていて巣から落ちたのか、下から上へは飛べないみたい

「ここにいたら、自転車にひかれるか、ネコにつかまっちゃうよ」
トラ君が悲しそうに子雀を見つめている

木の上からは、親雀らしい雀の鳴き声が聞こえる

ぱんだパパは手に持っていた袋で、子雀を捕まえようと格闘するけど、
子雀は、下へ下へと逃げ回り、自転車のタイヤに止まった

「いやいや、それじゃ、無理だよ」とチタちゃんも困り顔


ぱんだパパは、10〜20分かかって、なんとか近くの雑木林に戻した

心配だけどこれ以上はどうもできない、
ネットを見たら、野鳥を下手に保護するのは逆効果とのこと、
最低限できることをしたら、あとはその場を立ち去った方が良いみたい

「お母さん雀、あとはがんばってね!ちゃんと助けてあげてね!!」
4人で、その場を後にした

チタちゃんがぽつり
「小すずめといい、ミミズといい、なんかよく小動物を助けるね」

お出かけから帰ってきて、みんなで雑木林を見に行った

もちろん子雀はいないし、ネコに捕まった形跡もない

(雑木林の端っこに離した子雀)


小さな小さな命、大事に守られたかな

小さな命、目の前で失われそうなのを見て、なんとかしなきゃというこの思い

これは、きっと神様の心、神様が人間にうえた心にちがいない



子供たちの小さい命、病気になったり、怪我をしたり、
交通事故に遭いそうになりながらも、今も元気に生きている

神様が小さな命を大事に思って、守って下さったから


自分も昔は小さな命、
今も多くの人たちの中のたった1つの小さな命

自分がつらい時、嫌なことがあった時、
この取るに足らない自分、
この小さな命を軽んじてしまうこともある

でも、きっと神様から見たら大事な命。

子供達と同じように、
子雀たちと同じように

神様が大事に思って、
守って下さったから、
今も元気に生きている

そのことを思い、感謝して、この時を大事に生きていこう

P.S.
チタちゃんがこの記事を読んで、、、、
「あの子すずめ、とっても小さかったよね。
 葉っぱと比べると小さいのがわかるけど、写真だとけっこう大きく見えるね」


The following two tabs change content below.
あっこママ

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)