どうもこんにちは。

徳島だよりの時間です。

去る3月11日、東日本大震災から丸9年が経ちました。

当時大学生で北海道に住んでいた私も、非常に衝撃を受けたのを覚えています。

多くの人が亡くなり、家族や友人や財産を失った人たちが、今も大きな傷を負って生きています。

私も4年前に宮城県に派遣されて、被災地の復興事業を1年間担当しており、被災地とは切っても切れない縁ができました。

そんなわけで、毎年3/11が来ると特別な思いになります。

今年は新型コロナウイルスの影響で日本中がバタバタしていますが、私はこの日も日本のために祈りを捧げました。

そうしたらなんと、とても素晴らしいニュースがありました。

地震が起きた午後2時46分まさにその時間に、被災地で大きな虹が見られたのです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-00000020-kobenext-soci

私は被災地で実際に見たわけではありませんが、とても感動しました。

聖書の中でも、虹は神様の約束を表しています。

震災で多くの人たちが大切なものを失ったけど、そこからまた必ず立ち直れると神様が約束してくださったのだと感じました。

まだこの日本では何万人もの人達が避難生活を送っています。

震災の影響は今も色濃く残っていますが、1日でも早い完全な復興を願ってやみません。

徳島もいつ南海トラフ地震で被災するか分かりませんから、いつも生活の中でも気を引き締めてやっていきたいと思います。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
義高(よしたか)

義高(よしたか)

徳島県で働く地方公務員です。大学生の時に「キリスト教福音宣教会(摂理)」に出会いました。趣味は音楽(ギター、ベース、カホン等)、鉄道、旅行、美味いもの巡り、お笑い、不定期に行なう筋トレ、ラケット系競技など。基本的にのんびりまったりとした人間です。最近のマイブームは卓球、ワールドカップを機にサッカー観戦にもハマりそう。摂理で出会った人と結婚し、秋に待望の第一子である男の子(まーくん)が誕生しました!
義高(よしたか)

最新記事 by 義高(よしたか) (全て見る)