3.11東日本大震災から5年。

日本は世界は何を思い何を感じたのか。

生きること死ぬことについて真剣に考えた日。

 

ひろこママはマンションの10階で娘みい2歳と過ごしていました。

グラグラ!

いつもの地震か、すぐにおさまるかな。

いや、今回は大きいぞ

ん!立っていられない?

震度いくつ?

キッチンの棚から次々と物が落ち

本棚がゆっさゆっさ移動しながら

中身が飛び出る光景を見ながら

これはもう終わりだ、まさか今日が死ぬ日だったとは。

と頭によぎる。

神様、今日私は死ぬんですね

でも今死んだら悔いが残ります。

まだまだ本当は生きたいです。

助けてください。

と祈りました。

 

 

 

その後も

津波の映像を見ながら、

目の前で起こっているすべてが信じられず。

え?これが今!日本で?

人々の心、神様の心。

生きること、死ぬことについて。

多くの人が考えた日。

 

 

 

当たり前にあったもの

当たり前にいた人

なくなってみて

使えなくなって

いなくなって

初めてその大切さに気づく

人間の愚かさ

 

この時、みんなが感じた様々なこと。

時が過ぎても、忘れてはいけない。

 

現地のお友達のブログ

◆摂理の彩り

あの日を忘れない ーRemember 3.11

 

◆摂理の笑顔

「あの日のこと、今もずっと」

読んで涙が流れました。

 

 

神様、

もっと感謝して

もっと慎んで

生きていきます。

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

ひろこママ

佐渡ヶ島(新潟)出身☆東京在住【ひろこママ】背が高くて優しい【ごうパパ】元気いっぱい小学5年生【みいちゃん】の三人暮らし。6年間の専業主婦を卒業して今は正社員。お弁当・料理ネタ多め。隙間時間には大好きなハンドメイド(編み物・裁縫)。”はさみ練習プリント”が予想以上に好評。
アバター

最新記事 by ひろこママ (全て見る)