あなたはどんな時に泣いたのか?

私が私に質問してみた。

私はどんな時に泣いたのか?

一つ一つ思い出してみたら・・・止まらなくなった。(母から聞いた話も含む)

 

お腹から出てきた瞬間思いっきり泣いた

お腹が空いて泣いた

おむつが濡れて泣いた

家族みんなが稲刈りをしている最中、熱い車の中で泣いた

画びょうを口に入れて泣いた

庭先で落っこちて泣いた

階段から落ちて骨折して泣いた

車のドアに指を挟んで泣いた

頭をベットにぶつけて血が出て泣いた

妹と喧嘩して泣いた

せっかく買ってもらった赤いズボンが気に入らなくて泣いた

おみやげで買ってきてもらったぬいぐるみが気に入らなくて泣いた

自分の思うとおりにならなくて泣いた

買い物中に一緒だったはずのお父ちゃんを見失って泣いた

保育園に行きたくないと泣いた

保育園で髪型が男の子みたいと言われて泣いた

親子でトランプをして勝てなくて泣いた

 

 

小学校に行く途中転んで血が出て泣いた

帰り道、近所の大きな犬が追いかけて来て泣いた

友達と喧嘩して泣いた

ちょっと悪いなと思う事をして、本気で怒られて泣いた

 

 

中学校で仲良しのお友達とクラスが別れて泣いた

自分の気持ちをうまく伝えられなくて泣いた

友達とのコミュニケーションがうまく取れなくなって泣いた

いじめられて悔しくて泣いた

中学校の合唱発表会でクラスが一つになって先生とみんなで泣いた

卒業式でみんなで歌って泣いた

高校の体育祭で応援団を頑張って優勝して泣いた

卒業して友達と別れるのが寂しくて泣いた

 

東京で1人暮らしをはじめて、シーンとした部屋で泣いた

ドラマや映画を見て泣いた

サークルでの人間関係で泣いた

バイト先のノートに自分の悪口があるのを見つけて泣いた

仲良くしてた人信じていた人を信じられなくなって泣いた

1人で耐えられなくて泣いた

自分の価値を見つけられなくなって泣いた

生きる意味が分からなくなって泣いた

もう、生きることは終わりにしようと決めて泣いた

人生終わりにしようと思って泣いた日に、部屋に飾ってあった一輪のひまわりが太陽を探し求めて一生懸命咲いているのを見つけて泣いた

もう少し生きてみようと思って泣いた

自分の人生を終わりにしようと思っていた自分に気づいて泣いた

遠く離れて暮らすお父ちゃんとお母ちゃんとおじいちゃんを思い出して泣いた

家族が自分を大事にしてくれていた事に気づいて泣いた

生きてて良かったと思って泣いた

1人じゃない事に気づいて泣いた

同じ思いをしている人が他にもいるんじゃないかと思って泣いた

 

同級生が具合いが悪くなったと聞いて泣いた

同級生が亡くなったと聞いて泣いた

人の痛みがちょっとだけ分かるようになって泣いた

おじいちゃんが亡くなったと聞いて泣いた

お母ちゃんが、うつ病で何度も死にかけて泣いた

同僚が亡くなったと聞いて泣いた

同僚の最後の顔を見て泣いた

 

牧師さんから聖書の話を聞いて自分も生きる意味があったと気づいて泣いた

神様が見えなくてもそばでいつも守ってくれていたことに気づいて泣いた

自分の悩みが小さく見えて泣いた

神様の愛が想像以上に大きくて泣いた

生きることが嬉しくて感謝で泣いた

賛美を歌いながら泣いた

神様とお祈りで通じて泣いた

人のためにお祈りしてボロボロ泣いた

 

結婚して子供が生まれて泣いた

子育てが大変で泣いた

子育てで心配な時泣いた

子供が成長していく姿を見て泣いた

気づけば私は色々な場面で泣いた

こんなにも私は愛されていた事に気づいて泣いた

神様に感謝を捧げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

ひろこママ

佐渡ヶ島(新潟)出身☆東京在住【ひろこママ】背が高くて優しい【ごうパパ】元気いっぱい小学4年生【みいちゃん】の三人暮らし。6年間の専業主婦を卒業して今は正社員。お弁当・料理ネタ多め。隙間時間には大好きなハンドメイド(編み物・裁縫)。”はさみ練習プリント”が予想以上に好評。