昨日の「カブトムシ、オスたちのお引越し」に引き続き、

またカブトムシの話(^_^;)

 

カブトムシのオスを

小さい飼育ケースに引越しさせ、

1晩明けたら、

・・

・・・

4匹中2匹のオスがいなくなっていた(^_^;)

 

コバエ防止シートは破け、

飼育ケースの蓋が開いていて、

つまり脱走していたのだった

 

玄関周辺を見回してもいない・・・

 

ドアを開けた時に飛んで逃げることは

昼間はないと思うけど(カブトムシは夜行性)、

せっかく卵から育てたから愛着があるし、

餓死してひっくり返ってるところを子供が見つけたり、

虫がわいたりしたら嫌だな、、、

けっこう現実的にも考えたりして(^_^;)

 

あちこち見回しても見当たらない

 

しばらくして、ぱんだパパが

「いたよ」とあっさり見つけた。

 

玄関に置いてあったダンボールの裏の壁に

カブトムシがひっついている

爪が剥がれないようにそぉっとはがし、

飼育ケースに戻した

 

もう1匹はどこだろう・・・

探しても探しても見つからないので、

仕方ない!玄関周辺の大掃除だ。

 

子供たちが学校に行った後に、

玄関や洗面所など、

片っ端から掃除した

 

おかげで玄関と洗面所はきれいになったけど、

カブトムシは見つからない

 

カブトムシが行きそうなところを

さらに掃除を進めていたら、

玄関のすみっこのゴキブリホイホイが

置いてあるあたりに

ほこりまみれのカブトムシがいた(^_^;)

 

モノの陰やすみっこが好きということは

ひょっとしてカブトムシって、

家の中だと、

ゴキブリと同じところが好きなのか?

かっこいいカブトムシのイメージが崩れる瞬間(^_^;)

 

(↓カブトムシだけど、ゴキブリのように見えちゃった(^_^;))

とにかく、カブトムシを救出し、

飼育ケースに入れた

 

成虫のカブトムシにとっては、

小さい飼育ケースはありえない狭さなんだろう。

 

さて、これからもっと大きい飼育ケースに

お引越しするしかなさそうだ(^_^;)

 

7歳男子のトラ君が学校から帰って来たら、

また一緒にカブトムシのおうち作りをしようっと

 

あっこ

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)