夏休みも今週で終わり、

もう先週から学校が始まった友達もいる

 

この時期に、まだ自由研究のネタが決まってない!

ということはなさそうだが、、、

 

今年、小学校2年生のトラ君は

「これは、自由研究のネタになるじゃん!」ということが

いくつもありました

 

8月上旬、家族で夜道を歩きつつ、

「セミの羽化が見れたらいいねー」と話していたら、

近くの林と、マンションの駐輪場で、

セミが羽化している瞬間を見ることができた

 

(↓ セミが逆さまになって、抜け殻から出てきたところ)

 

トラ君は見たがったけれど、

そのままいると蚊に襲われそうなので、

セミとトラ君を、ぱんだパパに任せて

私は、先に家に戻った

 

 

数十分間後に戻ってきた

ぱんだパパとトラ君、

セミの羽化の一部始終を観察することができたそうだ

 

(↓ 逆さまの体制から、抜け殻に前足でつかまる)

 

(↓お尻を抜け殻から抜いた)

(↓羽を徐々に広げていく)

 

(↓羽が伸びた。まだ幼虫の名残が残る)

 

(↓羽が乾いて、透明の羽が茶色になっていく。←近くの林のセミの羽化)

 

ついでに、すぐそばを

羽化する場所を探しているセミの幼虫を見つけた

カエルに狙われていたので、

カエルを追い払ったんだよ、と話してくれた

 

(↓翌朝、抜け殻だけが残っていた)

 

茶色いセミの幼虫が、殻を破って出てくると

薄みどり色、透明を経て、

よく見る茶色いセミになる

 

セミの一番美しく、神秘的な瞬間を

じっくり見ることができたトラ君

 

こういうことは、

なぜか、ぱんだパパがいるときに起こる

 

林の中で「セミの羽化が見れたらいいな」と言ったら

「そこで、羽化してるよ」

「ほら、そこでも」といった今回のような感じ、

ほかのシーンでもよくある

 

変な雑念や欲がないのがいいのか、

ぱんだパパを包むナチュラルで不思議な空気、

私には作り出すことはできない(^_^;)

 

ちなみに、自由研究にするかなぁ〜と思って

トラ君に聞いてみたけれど、

「ぼくは、ほかのものをやるよ」だそうです

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)