こども・子育て

ランドセル寄付プロジェクト 〜使い終わったランドセル、どうしますか?


小学校の卒業式の数週間前、

小6のチタちゃんが学校で配られたお手紙の中に、

「愛のランドセル、寄付プロジェクト」の

チラシがありました。

 

使い終わったランドセルをネパールの子供たちに

寄付するプロジェクトで、

2019年4月1日から5月31日の期間に

事前に申し込みをした上で、

ソフトバンクかYモバイルショップに持ち込むと、

ランドセルを必要としているネパールの子供たちに

ランドセルを届けてくれる、というプロジェクトです。

 

そして同じ頃、読売KODOMO新聞でも

ランドセルリユース(再利用)の記事がありました。

 

「福井市役所がランドセルのリユースを始めたところ、

180個のランドセルが集まり、

新1年生が嬉しそうに背負って帰りました」

 

「ジョイセフでは、アフガニスタンにランドセルを

送っており、14年前にランドセルを受け取った

女の子は、勉強を続ける決心をして、

現在23歳の医学生になり、医者を目指しています」

(以上、読売DOKOMO新聞2019年3月14日版より抜粋、要約)

 

 

たしかに、最近のランドセルは出来が良いのか、

ランドセルの扱いが良いのか、

6年生のチタちゃんのランドセルは、

6年間の修理保証が付いていたけれど、

一度も故障もなく、修理の必要もなく、

ランドセルカバーをかけていたので傷もなく、

見た目はほぼ新品同様です(^ ^)

 

小学校の近くに住んでいるので、

登下校の小学生たちに毎日のように会いますが、

よく男子たちは、登下校の時に、

ランドセルを地面に叩きつけたり、

ランドセルを引っ張りあいをして、

じゃれたり、遊んだりして歩いているので、

ランドセルも損傷するかもしれないけれど、

 

女子たちは、比較的、ランドセルを丁寧に

扱っている子が多いように見受けられます

 

そして、特にアフガニスタンのような国では

「子供たちは十分な教育を受けられていません。

特に女の子は2人に1人が小学校に通っていません」

(同読売KODOMO新聞より抜粋)

 

日本国内でも、

海外でも、

ランドセルを必要としている子は多いというわけです

 

 

家が近い上に、

ランドセルに愛着を持って

6年間、大事に使っていたチタちゃんのランドセル、

もう1人が余裕で使えるくらいとってもキレイです

 

そこで、チタちゃんに

「ネパールの子に使ってもらったらどう?」と

聞いてみたところ、

「いやだ、このランドセルは思い出がたくさんあるから、

妹が使うならいいけど、他の人にはあげられないよーーーー」と

返事が返ってきました(チタちゃんには妹はいません(^_^;))

 

そうだよね、、、

6年前にいくつもお店を見て回り、

たくさんある中から見つけた

お気に入りの、大事な大事なランドセル、

小さかった1年生から6年生までの

良いことも悪いこともたくさんあった小学生活の

思い出がたくさん詰まってるんだよね

 

そう思いつつ、

「そっか、ママは、中学や高校になったら、

ランドセルはどうでもよくなったよ」

と現実的な話をしてみたら、

 

チタちゃん、しばらく「うーーん」と考えて、

「卒業後5年以内って書いてあるから、5年間考えるよ」

と、ぽつっと答えました

 

「なるほどー、5年後まであげられるんだ。

寄付したくなったらあげればいいね」

と私も納得しました。

 

5年後は高校2年生、

ずいぶん先のように思うけれど、

きっと、あっという間なんだろうな〜

 

小学校卒業を迎えて

中学生の顔に変わっていくチタちゃんを見ながら、

母はふっと思いました

 

 

以下、愛のランドセル寄付プロジェクトのサイトです

・NPO団体ユメネパール https://youmenepal.org/about-organization/4842.php

・ソフトバンク https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2019/20190305_01/

・時事ドットコム https://www.jiji.com/jc/article?k=000000001.000042411&g=prt

 

 

 


ABOUT ME
あっこママ
あっこママ
早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)