子どもと一緒に作るおやつ

1つめは豆乳フルーチェ

 

摂理のママ友の紹介で初めて行った漢方専門の病院、

お医者さんにタンパク質をたくさんとりなさい、と言われ、

いつものスーパーの豆乳コーナーで

ふと足が止まった

ミルクのようにやさしいダイズとフルーチェのおためしパック、

要は(フルーチェ&豆乳1本)+豆乳3本という詰め合わせ

フルーチェといえば牛乳だけど、

豆乳を使えば、栄養的にもいいから

さっそく作ってみた

 

ご存知、フルーチェは作るのは簡単!

 

豆乳とフルーチェを混ぜて、

冷蔵庫で冷やすだけだから、

幼稚園生でも(もっと下でも)作れる

ストレートの豆乳は好きではない

11歳のチタちゃんが

「おいしい、おいしい」と食べた

 

新しい食材にトライしないトラ君は

「ぼく、食べない」

おやつは食べなくても問題無しでスルー(笑)

 

ただ混ぜているだけだけど、

ちょっと一手間で作れるし、

火もナイフも使わないから

幼児でも、簡単に安全に作ることができる

 

 

別の日に登場したのが、

ジャズポップコーン

ポップコーンとたくさんのバター(^_^;)が

フィルムとアルミホイルにはさまれており、

そのまま火にかけて作れる

 

ポップコーンがどんなにポンポンはじけても

フィルムを突き破ることはないから、

持ち手をきちんと持っていれば

幼児でも作ることができる

 

ただ、火を使うので、

大人は目を離さないようにしましょうね

これまたおいしくて、

ポップコーンは下校後の子供たちが

あっという間に食べ尽くしました(笑)

 

時間がない時は

もちろん買ってきたお菓子や果物を

食べさせるけれど、

 

ちゃんと作ることができない日も、

時短おやつが登場するのはありですね(^ ^)

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)