寒くなってきました・・・

 

あったかいホワイトシチューが食べたくて、

でも、

家にシチューのルーがありませんでした

 

やっぱり、

あったかいシチューが食べたい!

 

それで、今日の夜ごはんは

ルーがなくても簡単にできる

ルーなしシチューを作りました

 

クックパッドのおりひめママさんの

シチューの素はもういらない!

参考に作りました

 

《材料》

・野菜(じゃがいも、人参、玉ねぎ) 1個〜2個

・鶏肉    200g

・小麦粉   大2

・牛乳    300CC

・水     適量(300CC程度)

・コンソメ(顆粒) 大2

 

《作り方》

・野菜を細かく切り、野菜と鶏肉をコメ油で炒める(玉ねぎが透明になるまで)

・火を止めて、小麦粉を入れ、野菜と鶏肉によく混ぜる

・火を止めたまま、牛乳と水を入れ、火をつけて、コンソメを入れる

・煮込む(10分以上)

 

子供が食べるので、薄味にしましたが、

塩、コショウ、コンソメの量で

味の濃さを調整します

 

ルーなしでもとても簡単で、

なかなか濃厚なホワイトシチューが

出来上がりました

 

大好きなスープストックの

ホワイトシチュー(↓)そっくり(かなりのひいき目 笑)

 

残念ながら、

ホワイトシチューが好きではない

小学生のチタちゃんは

しぶしぶ食べていましたが、

 

トラ君はおいしく食べてくれました

 

 

元々、料理が得意でなかったので、

シチューをルーなしで作るなんて

考えられなかったのですが、

 

こんな簡単に作れるなんてオドロキです!!

 

 

 

シチュー = ルーが必要!

という思い込みから

解放してくれました

なんか自由になったみたい ♫

 

思い込みはこわいです

 

 

宗教=近寄らないほうがいい

という思い込み、

でも、クリスマスは盛大にお祝いし、

お正月やお墓まいりに神社に行くのは

そもそも何のためでしょうか?

 

 

 

キリスト教の神=外国人の神=日本人には関係無い

 

親世代を始め、

よく言われることですが、

この思い込みも本当でしょうか?

 

 

 

摂理=新興宗教=アブナイ人たちの集団

という思い込みを

持っている方もおられるかもしれませんが、

その図式、本当にあっているでしょうか?

 

 

聖地月明洞=アブナイ場所=生きて帰ってこれない!

そのような噂があると聞いて、

あっこママはびっくりしました!

 

毎年、家族で月明洞に行って、

子供達も目一杯楽しんで

帰りたくないーと後ろ髪を引かれながら、

毎年、帰って来ているのですから!

 

 

間違った思い込みによって

縛られているかもしれない、

 

物事を正しく見ることができるように

「真理は自由を与える」から

真理を正しく知るために、

正しく聖書を学び、

神様を知ることが

本当に大事ですね(^^)

 

あっこ

 

 

 

 

 

 

 

あっこ

 

 

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)