つれづれ日記

神様を感じる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神様は、霊の姿で存在していらっしゃるので、その姿を直接見ることはできません。

しかし、その姿は直接見えないけれども、神様は様々な方法を通して働きかけて下さり、
感じることが出来ると、鄭明析先生は教えてくださいました。

そのうちの一つが『万物』です。

山、海、川、雲、動物、植物など、自然万物が分かりやすいですが、

それ以外でも、乗り物や建物、身近な生活用品、食べ物など、

様々なものを通して働きかけて下さいます。

 

皆さんは、生活の中で神様を感じることはございますか?

 

最近こんなことがありました。

明け方の礼拝を捧げるため、車で聖殿に向かいました。

事故が起こらないようにお祈りしてから、車を運転して行きました。

運転しながら、神様の働きを直接感じることがありました。

何が起こったかというと…

運転していて、一つ目の信号は青でした。その次の信号も青でした。その次もその次も信号は青…

『全ての信号が青信号になり、一度も止まることがなく』、運転することが出来ました。

 

この出来事を通して、思い出したことがありました。

TAKがまだ、大学生1年生の時に、

「神様がいるのであれば、分かりやすいように教えてください」と祈った時、

当時、家から最寄り駅までバイクで向かっている時、全ての信号が青信号に変わり、間に合いそうになかった電車に無事に乗れたことがありました。

お祈りしなければ、「今日はついているなー、ラッキー」で終わってしまいますが、

お祈りしたので「神様が存在している」ことをはっきりと知ることが出来ました。

その時と同じことが起こりました。

 

『このように神様はいつも共にしている。初心を取り戻しなさい。昔も共にしたのに、今も共にしないことがあるだろうか』

神様は万物を通して働きかけ、自分の心に感動を与えて働きかけて下さいました。

 

このように、生活の中で、神様がたくさん働きかけて下さっているのに、

気付けていないことが本当に多いです。

 

何か大きなことが起こった時だけ神様を感じるのではなく、いつも共にして下さる神様をもっと分かって感じて

感謝して生活していきたいと思います。

 

0000038577_566f0ea4f6c2e947f36795c8f58ba901n

 

神様と聖霊様と御子は<万物>で悟らせやすいから、

<万物>を「文章」として使って、思い浮かぶようにさせ、思い出すようにしてくださる。

あるいは<人>を通して話してあげて、思い浮かび、

思い出すようにしてくださり、あるいは<心に感動>を与えて悟らせてくださる。

あるいは、<御言葉>を与えて悟らせてくださる。

[鄭明析牧師の明け方の御言葉より]

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 『昨日は怒ってごめんね』謝罪で始める朝
  2. 道端の花
  3. 家庭礼拝でお絵描き〜切実〜
  4. [質問]あなたに救いは必要ですか?はいorいいえ
  5. ごめんね。ママの大失敗!
  6. 戦争をしてはいけない
  7. 子供を怒ってしまった日
  8. ひな祭り、神様に感謝♬

聖書・御言葉

月明洞

摂理の食卓・レシピ

  1. 転職祝い

PAGE TOP