今日のお勧め絵本シリーズは、

かこさとしさん作絵

「だるまちゃんとてんぐちゃん」です

(福音館書店の公式サイトはこちら)

 

読んであげるなら 3才から

自分で読むなら 小学低学年から

 

「だるまちゃんとてんぐちゃん」シリーズの第1作目で、

この後も色々な話が展開しますが、

あっこさんは個人的にはこの1作目が一番好きです

 

だるまちゃんは、てんぐちゃんが持っているものが欲しくて

なんでも真似をしたがります

 

それに振り回される、

だるまどん(だるまちゃんのお父さん)と家族たち

でも、結局だるまちゃんがいつも選ぶのは・・・

 

さすが加古里子(かこさとし)さん、

そのユーモラスな内容と絵、

リズミカルな言葉で楽しい絵本です

 

子どもたちはだるまちゃんが好きになり、

なんども読んで欲しいと持ってきました

 

小さな指でめくろうとして、

紙の端で指を切って、泣いたこともあり、

本には血の跡がついたことも(^_^;)

 

大人もけっこう楽しめます。

 

だるまちゃんが言うことを

なんでも聞いてあげる

見た目は怖そうなだるまどん(だるまちゃんのパパ)

 

だるまちゃんのわがままを

黙って叶えてあげる周りの家族たち

 

自分が真似っこされても

いつも「いいものをみつけたね」と褒めてくれる、

素直なてんぐちゃん(^ ^)

 

だるまちゃんを囲む世界は

やさしくてあったかいなーと思いました

 

 

子どもたちを囲む世界も

ゆったりして、あたたかくて、

やさしい世界だといいな、

 

そう思いながら、そう願いながらも

現実では、バタバタと過ごしてしまい、

時にはガミガミと子どもたちに接してしまった

あっこさんでした(^_^;)

 

※今までにご紹介した、お勧め絵本シリーズです

《赤ちゃん絵本》

おててがでたよ

じゃあじゃあ びりびり

 

《幼児向け絵本》

とんでけ とんでけ おお いたい!

そらまめくんとめだかのこ

せんたくかあちゃん

 

《小学校低学年向け絵本》

いもとようこ世界の名作絵本

 

※一応、年代の区分をつけましたが、お子さんに合わせて、お好きな本を読んであげてください(^ ^)

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
あっこママ

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(11歳)と息子(7歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり