お勧め絵本シリーズ、

今日ご紹介するのは、

「とんでけ とんでけ おお いたい!」です

 

みえちゃんが転んで、

ひざ小僧を擦りむいて泣いていると、

お母さんがやってきて・・・

 

このお母さんがおもしろいのです

 

普通は

「いたいの いたいの とんでいけー」なのですが

 

このお母さん、

「いたいの いたいの おにいちゃんにとんでいけー、ほい」と

なんと、おにいちゃんに向けて、飛ばします

それを見ている女の子の表情がおもしろい(笑)

 

 

「いたいの いたいの」がとんできたお兄ちゃんは、

こんどは・・・

ネコに行き、犬に行き、あちこちを回って

 

最後にお母さんに「いたいの いたいの」が飛んでくると

「おかあさん ぱくっと食べちゃった」

お母さん、たくましいです

 

すっかりニコニコ顔になって

次は誰に飛ばそうか考えているっぽい

いたずらっ子になりつつある女の子の後ろ姿には

お母さんのたくましさが引き継がれています(笑)

 

 

 

赤ちゃんが幼児になって

よく転ぶようになった頃、

子どもたちも気に入っていました

 

小さい子どもを抱えて、

いろいろわからなくって、

周りの人にあやまってばかりで、

小さくなっていたお母さんの心まで

たくましく、楽しくしてくれる

そんな力を持った絵本だな、と思って、

よく読んでいましたっけ(^ ^)

 

あっこ

 

 

※今までにご紹介した、お勧め絵本シリーズです

 

《赤ちゃん絵本》

おててがでたよ

じゃあじゃあ びりびり

 

《幼児向け絵本》

そらまめくんとめだかのこ

せんたくかあちゃん

 

《小学校低学年向け絵本》

いもとようこ世界の名作絵本

 

※一応、年代の区分をつけましたが、お子さんに合わせて、お好きな本を読んであげてください(^ ^)

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)