摂理ママのあっこです

いつも水曜日に捧げている
小学生の礼拝とプログラム、
今週は上野動物園に行きました

プログラムは
「動物園で万物啓示を受けよう!」

万物啓示とは、
神様が万物を通して、
何かをおっしゃることです

それは
耳に声として聞こえるのではなく、
心に悟りや感動として聞こえます

 

小雨が降ったりやんだりする中、

小学5年生のチタちゃんと
幼稚園年長のトラ君と
上野動物園に向かいました

久しぶりの上野動物園!

同じ教会の銀河たちが集まり、
動物園に入ると
みんなで集まれる場所を見つけ、
まず最初に子供の礼拝を捧げました

賛美をささげ、
万物啓示についての御言葉を聞き、
お祈りをしました

そのあとは、
「万物啓示を受けて、絵を描こう」と
みんなで動物を見て回ります

銀河(摂理の子供)たち、
外見だけを見ると、

ただただ動物園を見て回って
ただ楽しんで、
走り回って
見ているだけに見える
摂理の二世の子供たち

兄弟で喧嘩をしたり、
「お腹すいた」と言って
座り込んだりしています

でも、そのままでは
終わりませんでした

一通り回って、
銀河の教師の女性が
「じゃ、動物と受けた悟りを絵に描いてみよう」

最初は「えーーー、めんどくさい」とか
言っていた子たち、

30−40分かけて
黙々と絵を描き始めました

その集中力たるやすごい!

そのあと、
1人1人が発表しました

絵も精密に書いているし、
その受けた悟りの深さに
またびっくりしました

 

 

そして、
もう1つびっくりしたことが、
万物についてです

まずは天気
ちょうど心地よかったです。

雨もほとんど降らず、
涼しい風が吹き、
雨模様のため、
動物園はそれほど混んでいませんでした

そして、
動物たちの動きが良かったです

急に目の前でトラがポーズを取ってみたり、

ホッキョクグマが目の前を行ったり来たりしたり

 

 

テナガザルが何往復も行ったり来たりしたり

ゴリラが急に現れて、目の前で食べ物を食べたり

通りかかった時に、ちょうどアシカの餌やりだったり

一緒にいたママ友と
「やっぱり銀河サービス、すごいよね!」と
びっくりしあいました(笑)ちなみに、

パンダの赤ちゃんはまだ未公開、

パンダのお父さんは
お尻を向けたまま、
微動だにせず、、でした

あっこママも万物啓示を受けようと
動物たちを観察しました

3頭のゾウの1頭が急に目に飛び込んできて
そのゾウの動き、表情が目にとまりました

 

 

明らかに他の2頭のゾウとは違って感じ、
その時、神様のメッセージが心に届きました

「雄大に、堂々とした生を生きなさい」

あとでチタちゃんに聞いたら、
チタちゃんも同じゾウから
別のメッセージを受けたそうです

また、
タンチョウヅルの優雅な動きにも
メッセージを感じました

家族で行くのとは違って、
銀河たち皆で一緒にいく動物園は
神様の働きが感じられて、
皆がいるからこそできることもあり、
とても良い時間を過ごすことができました

帰りに、
乗り物大好き幼稚園生トラ君の
たっての要望により、

東京駅で新幹線を見ました

 

 

結局、家に戻ったのは
夜の7時頃、
今日の夕食もうどんに決定!

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)