月明洞

今日の月明洞 〜柿の木のエピソード


月明洞に行っているメンバーが

秋の柿の木の写真を送ってくれました(^^)

 

 

月明洞には、たくさんの柿の木があります

 

先生が月明洞にいらした頃は

秋になると

先生が自ら柿の木に登り、

メンバーたちに柿を配ってくださることもありました(^^)

 

 

数年前、御言葉の中で、

先生が柿の木の話をしてくださいました。

 

先生自らが月明洞にいらして、

現場で開発しているとき、

運動場を広げようとしたら、

大きな柿の木があったそうです

 

最初、先生は

これは御子に訊くまでもない。切って、岩の造景をすべきだ」

と思いました。

 

でも、月明洞は神様の所であり、

自分は現場の作業部長だから、と

御子に聞いてみたところ、

「切らないで、周りを岩で囲みなさい」と

おっしゃったそうです

 

その隣に小さな柿の木があったので、

「あれは小さいから切るべきでしょう」と言ったら、

「それも、息子のようにそのまま残しておきなさい」と

おっしゃったそうです

 

柿の木を切れば、

運動場を20坪も広げられるけれど、

柿の木があるのでできなかったそうです。

 

そのときは、先生もすっきりせず、

弟子たちも「もう1度考えてみてください」と言ったけれど、

「天の考えは人間の考えとは異なると言ったから、これが御言葉をなすことだ」

と思って、御子のおっしゃる通りに

柿の木を切らなかったそうです

 

 

その後、

先生の家を建てるときになって、

その柿の木の後ろの場所に

御子が家を建てようとしておられたことがわかり、

感激感謝して涙を流されたそうです

 

そのとき、御子がおっしゃいました

「私は現在と過去と未来を見て構想し、行なう」

 

もし先生が御子に私に訊かないでやったら、

先生の家の柿の木はなかったでしょう

 

先生は柿の木だけではなく、

月明洞を創り上げるとき、

岩1つ、松の木1本、すべてについて、

御子に1つ1つ聞きながら

作業を進められたそうです

(2010年6月の言葉「私と相談してこそ、前もって用意しておいた通りに現在も未来も栄える」より)

 

月明洞に行くと、

体も心も霊も喜び躍ります

 

先生が御子に1つ1つ聞いて、

神様の構想を地上に実現したその場所、

特別な場所です

 

あっこ

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
あっこ

あっこ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(10歳)と幼稚園生の息子(6歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり)

関連記事

  1. 月明洞

    月明洞ってどんなところ? 〜子供から見て(5)こどもの日

    摂理ママのあっこです小学5年生のチタちゃんがGWの月明洞に…

  2. 月明洞

    摂理の聖地、月明洞 〜ある松の木

    摂理の聖地、月明洞にはたくさんの松の木がありますその中のあ…

  3. 月明洞

    今日の月明洞 〜秋の日差し

    今週、月明洞に入っているメンバーよりおすそ分け頂きました(^^…

  4. 摂理二世/子供・子育て

    月明洞☆日本摂理銀河訪問レポ! 子どもとリス

    摂理ママのあっこです月明洞にはたくさんのリスがいます…

  5. 月明洞

    月明洞ってどんなところ? 〜子供から見て(2)芝生

    摂理ママのあっこです月明洞(ウォルミョンドン)で子供たちが…

  6. 月明洞

    月明洞☆日本摂理銀河訪問レポ! 聖地の風景

    摂理ママのあっこです摂理の聖地、月明洞、その美しく雄大…

Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

168人の購読者に加わりましょう

  1. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその1【お祈り】
  2. 摂理の結婚生活

    ちょっと気になる摂理の結婚!祝福・結婚式〜私の体験談〜
  3. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚-幸せな家庭生活を目指して-
  4. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその3【私は幸せです】
  5. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して感じること
PAGE TOP