摂理ママのあっこです

先日、
あるプロテスタント教会の牧師先生と
お話しする機会があり、

アダムとエバのことについて
聞いてみました。

その牧師先生によると、

エデンの園は
地球ではないところにあり、
そこでは
神と人は
対話をすることができ、
人は永遠に生きることが
できたそうです

アダムとエバは
罪を犯して
エデンの園を追い出され、
死ぬようになって、
地球に来たと話されていました

つまり、
アダムとエバは
宇宙人だったということですか?

そう質問しようかと思ったのですが
偉い方に対して
失礼にあたるので差し控えました

現在の科学には合わない話だと
感じました

小学生のチタちゃんに
その牧師さんの話をしたら

目を丸くして
「なにそれー」と言っていました

科学の世界に住む
現代の小学生にとっては
受け入れがたいようでした

img_2089.jpeg

さて、
摂理では
アダムとエバについて、
どのように説明しているでしょうか。

アダムとエバは
メソポタミア地域@地球に
住んでいました

善悪を知る木の実を食べて
死が入ったということは・・・

そもそも死とは・・・

善悪を知る木の実とは
りんごではなく・・・

ここからは
摂理のBibleスタディを
聞いてくださいね

死の概念について
神様と人間との関係について
具体的に説明してくれます

科学と全く矛盾しない
合理的な説明に
納得するしかありません!

 

摂理の公式サイトをご参照ください

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)