聖書・御言葉

ホタル鑑賞  〜世の光となれ  その2


摂理ママのあっこです

摂理ママのあっこです

ホタルをみました。(その1参照)

 

神様は
なぜ光る虫を作られたんだろう

 

真っ暗な闇の中に飛ぶ、美しい光

美しい光があることで
暗闇の暗さがもっと感じられ、
光りの美しさが際立ちます

新約聖書マタイによる福音書5章より抜粋(口語訳)
「5:14あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。 5:15また、あかりをつけて、それを枡の下におく者はいない。むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。 5:16そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」

2015年2月 啓示の御言葉より(世の中の光と塩になりなさい)
「この闇の世で光になりなさい。
 この地球村を生かす人、
 時代の使命者とあなたたちだけだ。
  あなたたちがしなければならない。
 
 先生が祈っているその心とその声を
 心の目を開いて、考えで聞いてみなさい。」

IMG_4555

今、ニュースを見ると、
悲しい事件、
つらい出来事がたくさんあります
希望がなく、
ため息をつきます

身の回りを見ると
なんのために生きるのか、
神様のことを知らず、
周りの価値観にひっぱられ、
流されて生きる人たちがいます

 

私も、
摂理で神様の御言葉を聞く前は、
同じように、
当たり前のように
暗闇の中で生きていました

鄭明析牧師先生が
神様の御言葉を教えてくださり

鄭明析牧師先生について来るうちに、
明るい光の世界に出てきました

 

そして
自分がいた暗闇をふりむくと
その暗さにぞっとします

FullSizeRender(6)

光の世界の明るさがどれほどか、
暗闇の暗さがどれほどか

光を知っているから、
暗闇の深さがもっと感じられます

この世の中、暗闇の世界が
明るい光の世界になるように

愛と平和と喜びの世界になるように
お祈りします

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
あっこ

あっこ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(10歳)と幼稚園生の息子(6歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり)

関連記事

  1. 聖書・御言葉

    切実さ

    摂理ママのあっこです今週の御言葉は、「切実な祈り、切実な対…

  2. 聖書・御言葉

    子供用聖書通読表【ルカによる福音書】塗り絵タイプ

    子供用の聖書通読表を隙間の時間を使って作っています。新たな挑戦…

  3. 聖書・御言葉

    摂理式:ストレスマネジメント

    何かとストレスの多い現代社会の中で、如何にストレスを管理していくか(ス…

  4. 聖書・御言葉

    摂理の御言葉より 〜「言葉」と「行動」

     その人の<言葉>が聞こえなくても、その人の<行動>を見れば分…

  5. 聖書・御言葉

    摂理の御言葉 〜実践の年

    2017年は、1月1日が日曜日、主日礼拝で年が明けた特別な年です。…

  6. 聖書・御言葉

    子供用聖書通読表【ルカによる福音書】シール&丸つけタイプ

    子供用聖書通読表を少しづつ作っています。思いついたものをまずは…

Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

Something is wrong.
Instagram token error.
Something is wrong.
Instagram token error.
Something is wrong.
Instagram token error.
Something is wrong.
Instagram token error.
Something is wrong.
Instagram token error.
  1. 摂理二世/子供・子育て

    神戸女学院大学と関西学院大学の気になる共通点
  2. 聖書・御言葉

    子供用聖書通読表【ルカによる福音書】塗り絵タイプ
  3. 摂理二世/子供・子育て

    小学生の手作りキラキラビーズアクセサリー
  4. 摂理おうちごはん・レシピ

    キウイフルーツ☆飾り切り
  5. つれづれ日記

    鮭と胡麻和えのお弁当
PAGE TOP