冬も本番、寒い冬には、

あっつあつのふろふき大根を食べるに限る!

 

というわけで、今回はふろふき大根のご紹介

 

豪快に大根1本を使い切ります!

 

参考にしたレシピは、

白ごはん.com のふろふき大根

 

《材料》

・大根 1本

・昆布 10センチ程度

・味噌 大4

・甜菜糖 大6

・料理酒 大3

・みりん 大2

 

《作り方》

・大根の皮を厚めにむき、2−3センチの厚みで輪切りにし、面取りをする(面取りはしなくてもOK)

・大根に十字の隠し包丁を入れる(火の通りをよくするため、1/3くらいまで切り込みを入れる)

・昆布(ちょうど切らしていたので、鰹節で代用(^_^;))、大根、ひたひたの水を大きいお鍋に入れる

・強火で沸騰したら、あとは中火で大根が柔らかくなるまで煮る(40分程度)

・味噌ダレを作る(味噌、砂糖、酒、みりんをお鍋に入れて、ヘラで3−4分混ぜる。トロッとするまで)

 

 

私が風邪をひいて寝込んでいたときに、

11歳のチタちゃんが「読んで〜」と持ってきたのが、

↓この本

 

「えー、11歳の女の子の読む本かなぁ」と言いながら、

チタちゃんとトラ君に絵本を読んであげたところ、

7歳トラ君のお気に入りの本になって、

2日連続で読み聞かせることになった

 

山男の「ぶったぎるだ。煮るだ。食うだ。食ったら、あったまるだ」のくだりが

おもしろいらしく、

トラ君「ママ、ふろしきだいこん作ってね」

ふろしきじゃないけど(^_^;)

 

簡単なので、早速作って、夜ご飯に出したところ、

野菜嫌いだけど、大根の煮物は好きな子供たちから大好評!

 

まだ仕事中のぱんだパパに

「ふろふき大根つくったよ」とLINEすると

「風呂敷大根?」とレスがあった。

あらら、父と息子で同じこと言ってる(笑)

 

次の日も、

「ぶったぎるだ、を食べたい!」とトラ君からリクエスト

 

その直後に、インフルエンザになって

丸一日、高熱で苦しんだ後のチタちゃんが

「りんごのコンポートと、ふろふき大根を食べたいな」

とリクエスト、

熱で疲れ切った体と、嘔吐で弱った胃に

そっと力を与えてくれたみたいでした

 

冬に体がほかほかにあったまって、

簡単に作れて、体にやさしくて、

偏食&少食の子供たちが美味しく食べる一品、

見つけました\(^o^)/

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)