春から初夏にかけて旬といわれるあさり、

ゴールデンウィークに潮干狩りをしたり、

スーパーでも「今が旬」と書いてあるけれど、

 

実際は、あさりが産卵で殻が薄くなり身がふっくらする

春3月〜4月と秋9月〜10月が旬だそうだ。

(獲れる地域によってズレが生じる)

 

あさりは、意外と栄養価が高く、

ミネラル、鉄分、タウリン、亜鉛、ビタミンB12を

豊富に含んでいる。

 

食べ方はいろいろあるけれど、

栄養価が確実にとれるお味噌汁が

うちでは定番。

 

面倒で敬遠される理由なのが塩抜き、

でも面倒くさがりやのあっこママでも

時間さえあれば放置するだけ、簡単なので、

この時期、しょっちゅうあさりの味噌汁が登場する

 

あさりの塩抜きは、

海水と同じ程度の塩水(適当に作る)に

あさりを2−3時間入れておくだけ

(潮干狩りでとったあさりは1日塩抜きを)

 

最近、聞いた話だと、塩抜きの時に

あさりが住んでいる浅瀬を再現してあげると

塩抜きがしやすいそうだ

 

バットに塩水を入れ、あさりが重ならないように、

水がひたひたになる程度で塩抜きをする

塩抜きができたら、

おなべに水とあさりをいれて(お湯からではなく水から)、

あさりの口が開くまで煮て、お味噌をとけば

あさりの味噌汁ができあがる。

もちろん出汁もいらない。

 

好き嫌いが多い我が家の子供たちも

あさりの味噌汁なら、喜んで食べる

 

あえて言うと、、

11歳のチタちゃんは味噌汁の汁が好きで、

7歳のトラ君は味噌汁のあさりが好きなので、

微妙に完食はしていないけど(^_^;)

 

簡単だけどおいしく食べてくれるのを見ると

心が嬉しくなる

 

子供ってすごい。

ただ、食べるだけで、人(母)の心を嬉しくさせる力がある

ただ、元気でニコニコしているだけで、

周りの人に力を与えることができる

 

人は、そうやって、お互いに喜びを与えながら

生きていくことができる力を持っている。

争いながら、競いながらではなくって、

お互いが相手を幸せにしたくて、

お互いが愛し合いながら、生きられる

そういう力を生まれつき持っている。

 

子供たちを見ていると

神様が人間に与えた力を感じることができる

 

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(12歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)