調味料といえば、醤油や塩や味噌、

そして今や大人気の

塩麹(しおこうじ)!!

 

でも、塩麹はスーパーで買うと、

けっこう高いので、

手作りしてみることにしました(拍手)

 

《材料》

みやここうじ 1袋

お湯

料理用温度計(100円ショップで売ってます)

 

麹(こうじ)生活者にはおなじみ(??)、

”みやここうじ”、

塩麹も甘酒もお味噌も作れるそうです

 

以前、みやここうじで甘酒を作りましたが、

今回は、塩麹を作ってみることにしました

《作り方》(みやここうじの裏面の記載通り)

 

①お湯に塩を入れて60度まで冷まして、

ほぐした「みやここうじ」を入れる

↑60度という温度が大事なので、焦って高い温度に入れないように

(※みやここうじの袋を未開封のまま、袋の外から、

固まりをつぶすようにもみほぐすと細くなる)

 

②よく混ぜ合わせ、夏場は常温で1週間置いておく

(冷蔵庫などに入れない)

 

③1日1回、熱湯消毒したスプーンでかき回す

 

(↓温度計が入ると、理科実験チックな雰囲気になりますね 笑)

たった3ステップで、

1週間後にホントに塩麹になってるのかな???

 

作り方には、「毎日よくかき混ぜること」と

書いてあったけれど、ネットを見ていたら、

1週間くらいは置いておいても大丈夫、という記載を見つけ

楽な方を勝手に採用(^_^;)

 

塩麹の瓶を棚(常温)におき、

2〜3日に1回くらい、

熱湯消毒した長いスプーンでかき混ぜました

 

(↓よくかき混ぜても、1日経つと水のようなものが出てくる)

 

最初はお米のつぶつぶの固まりがあったけれど、

1週間も経つと、かなり滑らかになり、

味も市販の塩麹のような味になりました

 

保管用の瓶に移して、冷蔵庫に入れました。

 

常温だと発酵が進んでしまうので、

冷蔵庫に入れて発酵を遅くすれば

手作りでも市販でも、3ヶ月〜半年はもつそうです。

 

さっそく手作り塩麹でキュウリの漬物を作りました。

夕食に出したら、子供たちは奪い合うように食べました

やったぁ!

 

簡単に作れて安心、

体にもお財布にもやさしい手作り塩麹、オススメです(^ ^)

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)