あっこ家の玄関に置いてある

カブトムシの蛹(さなぎ)タワー、

すでに13匹の成虫が目撃された

 

昨日、学校から帰ってきた小1のトラ君と

カブトムシのケースから土を減らしていたら、

ぼこぼこぼこっと穴が開いた

 

1匹のオスは、蛹を脱いだばかりで

ツノに殻がついていた

 

穴は5個で、全部オスのツノが見える

みんな羽化したばかりでて、穴の中にいるわけだ

 

というわけで、

「カブトムシは何匹いるでしょう?」の答えは5匹(^^)

 

さすがに、げんなり・・・

もう場所がないよー。

 

成虫のオス同士を1つのケースに入れておくと

戦って弱ってしまうために、

1匹1ケースに分けているが、

100均で買った小さいケースだと

狭すぎて、かわいそうだけど、

大きいケースはそんなに買いたくない

 

「カブトムシのオスの成虫、欲しい方いますか?」と

教会の子供がいる家庭のLINEグループに送ったら、

「欲しい!」と男子の親からすぐに連絡がきた。

 

やっぱりカブトムシは人気者だ(^^)

 

トラ君と小さい飼育ケースに移して渡したら、

「うちで飼った中で一番大きいカブトムシだ」と

大喜びしていた

 

虫好きの小3のやんちゃ男子が嬉しそうに見つめて

そっと取り出し、ケースに入れると、

小1のやんちゃな弟が何度も持ち上げていじっており、

「やめろよ!何度も触るとストレスたまるんだよ!」

と怒られていた。

虫好き小3男子、さすが、よく知ってるなぁ。

 

「彼(小3男子)になら、やさしいから婿(むこ)に出せるね」

と11歳のチタちゃんと笑いあった(^^)

 

ちなみに、

今まで、成虫になったカブトムシの数は、

オスは10匹、

メスは3匹

こんなにオスばっかり生まれるってどうしてだろう?

 

先にオスが生まれるという説もあるし、

オスとメスは結果的に同数になるハズという説もある。

 

幼虫は20匹近くいたけれど、

淘汰されているんじゃないかと思っているが

まだ成虫が出てくるのかもしれない(^_^;)

 

カブトムシ、恐るべき生命力・・・

 

あっこ

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)