今日はチョンミョンソク先生のエピソードを通しての悟りを書いてみたいと思います。

先生の状況については以前書いたものを参考にしていただけたら~。

摂理の事件と真実

<先生のエピソード>

ある日、やるべきことがたくさんあって、この仕事をどうすれば全部行えるだろうかと、

途方にくれていました。

祈りの中で御子に尋ねると「二倍頑張りなさい!」という答えが来ました。

例えば1分祈ってた人が2分にするのは簡単ですが、

1時間してた人がさらに1時間というのは難しいものです。

今までも沢山やってましたが、少しずつ仕事が溜まってしまい、この状況になったのでした。

先生はその言葉を受け入れ、二倍頑張ってみました。

すると、御子も助けてくれて、溜まった仕事を全部片づけることができました。

 

私たちの生活の中でも、二倍やらないといけないことがあります。

そのやらないといけないことを見つけ二倍行うなら、一般型が世界型に変化します。

 

このエピソードを聞いて、これまでの自分を反省しました(´・ω・`)

仕事は8時間しても足りず、残業までしているのに、

神様の仕事は時間をけちって使っていました。

自分も考えを変え、二倍行うことについて研究するようになりました。

 

では、二倍生きるということはどういうことでしょうか~?

職場に通う人は給料が二倍になるようなことですね。

結果が二倍になるなら行ったといえます。

しかし、お金を稼ぐだけが人生ではありません。

〇会社で仕事をする

〇教会で神様の仕事をする

このようにどちらもするなら二倍の人生を生きたといえます。

だいたい一つできたら満足することが多いです。

しかし、それぞれで存在するわけではなく、繋がっているのです。

たとえば、

明け方に神様に祈り求めることで、普段できない仕事ができてしまったりします。

先生の表現でいうと、「お祈りで大きい仕事の腰を折る」

今の僕の仕事は、システムの不具合調査ですが、解決が困難な問題も時折出てきます。

しかし、これも明け方に祈り求めると・・・。

☆ひらめきます。

先月には、1年くらい解決できなかった問題が解かれる出来事もありました~(^◇^)

 

このように二倍頑張ることで、さまざまな問題が解決しました。

フリーランスの報酬も2倍とはいきませんが、かなりUPしました。

御言葉を聞くと『このままでいい』という妥協の考えは浮かびません!

もっと努力し、研究し、自分自身を作っていこう!と教えてくれます。

この歳になっても成長したいと思える心を与えてくださることに感謝して、今日も二倍、生きていきます!

最後はチョンミョンソク先生の箴言で終わります。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
miyachan

miyachan

尾崎豊の十七歳の地図って歌、知ってるかい!この歌の「何のために生きてるのかわからなくなるよ」というフレーズ。19歳の自分にピッタリはまったよ。 なぜ、生きるかを知りたくて過ごした日々、奇跡的に摂理と出会うようになったんだ。 あれから20年、御言葉を聞き、今は結婚して二人娘のパパ。 そして仕事はフリーランスSE。鄭明析先生の御言葉でさらに大傑作人生に挑戦中だ!
miyachan

最新記事 by miyachan (全て見る)