僕は高校を卒業し、地元高知を出て京都で就職しました。

一人で田舎から出てきて見るもの聞くもの初めてなものだらけ。
まずは人間関係が希薄ということを感じました。挨拶もしないことに
驚きでした((+_+))

環境が違うとあまりにも差があるんだなぁと感じました。
余りの違いにちょっとショックを受けると共に、こんなところで一生
やっていけるのだろうかと不安にもなりました。

その会社の同期が40人くらいいましたが、高卒の人もいれば大卒の人
もいて、年齢もさまざまでした。大卒の人はそれなりにやることを
やってきていて、出来ることが多いなぁという印象でした。
新入社員での飲み会や寮生活では、今までの友達とは価値観が違う人
が多かったように思います。
田舎の人たちなので、あまり考えてない人が多かったのか。。。

腹を割って話せる人もいなかったです。何か話をすると人の悪口だった
りで、、、こういう中には入りたくなかったです。
飲み会や寮生活で人と同期の人と接する機会もありましたが、
あえて、大阪に出てきている高知の友達と土日は遊んでいました。

そこがなんでも話できる場というか、悪口とかがない場所で居心地が
良い場所でした。

仕事は結構ハードで、毎日9:00~22:00働くのが当たり前な環境でした。
その職場でも、失敗すると結構なお叱りを受けましたね。
浴びせられたことのない暴言。今になってみたらそんなものだったのか。
しかし、僕には受け入れられない感じもありました。
失敗することを恐れる毎日でしたね。しっかり仕事をやる!という考え
は、作られたと思います。

こんな毎日を過ごしていた宮でしたが、一人の人との出会いで生活が変化
するようになりました。

続く。。。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
miyachan

miyachan

尾崎豊の十七歳の地図って歌、知ってるかい!この歌の「何のために生きてるのかわからなくなるよ」というフレーズ。19歳の自分にピッタリはまったよ。 なぜ、生きるかを知りたくて過ごした日々、奇跡的に摂理と出会うようになったんだ。 あれから20年、御言葉を聞き、今は結婚して二人娘のパパ。 そして仕事はフリーランスSE。鄭明析先生の御言葉でさらに大傑作人生に挑戦中だ!
miyachan

最新記事 by miyachan (全て見る)