つれづれ

一緒にやらなければ辛い


どうもこんにちは。

徳島だよりの時間です。

たまには信仰者らしい話をしようかなと。

今週の御言葉は「みんなが共に、予定なさった御心を成しなさい」でした。

今まで神様は私たちに、「一緒にやろう」とおっしゃってこられました。

私は個人的に、この言葉に感動しました。

「○○しろよ」と偉そうに命令する世の中の指導者はたくさんいますが、「私と一緒にやろう」という指導者は、神様や、その御言葉を伝えてくださる牧師先生くらいです。

そう考えたら、神様はなんて愛に溢れる方なんだろうと思います。

そのようにおっしゃってくださるだけで、ものすごく心が救われたと思います。

そんな中、ある悟りを得ることがありました。ある日、長男まーくんとピタゴラスのプレートで遊んでいた時のことでした。

(ピタゴラスのプレートって分かります?四角や三角などの磁石内蔵プレートを組み合わせて色んなものを作るやつです。)

こんなやつです。皆さんも子供の頃にやりましたか?

まーくんが「おとうさん、これいっしょにやろう」と言って、プレートを元入っていた箱にピッタリはめていく遊びをしている時でした。

なかなか上手くはめられないまーくんを助けるつもりで、代わりに私がプレートをはめてあげたら、「やめて!じぶんで!」とまーくんに怒られました。

まーくんは何でも自分でやりたいお年頃。だから致し方ないのかもしれないですが、一緒にやろうと言われて一緒にやってるのに、私と一緒にやってくれないのを見ると、ちょっと悲しい気持ちになります。

でも、神様もこれと同じなんだなと思いました。

私たちは祈りでいつも「神様と一緒にやりたいです。神様、一緒にやりましょう。」と言いますが、実際に生活の中で神様と対話しながら一緒にやってることがどれほどあるのだろうか。

私自身の生活を見ても、大半のことを神様と一緒にやってなかったです。それを見て神様はどれだけ悲しく思われているのか。私がまーくんに抱いた悲しみとは比べ物にならないくらいの悲しみだと思います。

そう考えたら、本当に神様に申し訳ないです。

これからは生活の中で一つでも多くのことを神様と共にやっていきたいです。


ABOUT ME
義高(よしたか)
徳島県で働く地方公務員です。大学生の時に「キリスト教福音宣教会(摂理)」に出会いました。趣味は音楽(ギター、ベース、カホン等)、鉄道、旅行、美味いもの巡り、お笑い、不定期に行なう筋トレ、ラケット系競技など。基本的にのんびりまったりとした人間です。最近のマイブームは卓球、ロシアワールドカップを機にサッカー観戦にもハマりました。地元なので徳島ヴォルティスは応援してます。摂理で出会った人と結婚し、現在はニ男(まーくん、まっきー)の父親です☆