教会について少しずつ紹介していきたいと思います。

僕の所属する教会は、北摂地域にあります。(写真は万博から見えた虹ですね)

大阪の北の方ということで、阪大生も来ています。

阪大生はやっぱりできる人たちが多いですね~。

自分がやりたい分野にものすごい力を発揮する人たちです。

 

僕は摂理でチョンミョンソク先生から学びながら、

できる人よりできた人が良いと考えるようになりました。

 

できる人というのは、結構、簡単に何でもできてしまいます。

やったことがあるし、イメージがあるからです。

 

しかし、聖書の御言葉を実践しようとすると難しいです。

それはイメージがないからです。

ここで、最初の壁にぶちあたります。

やれば何でもやってこれたのに、この御言葉はなんて難しいんだろうと。。。

挫折も味わいながら、

それでも、自分自身を正しく作ろうとする心を持っている人が、

摂理に呼ばれてくると思います。

 

できる阪大生ができた阪大生になったとき、

自分で想像する以上に大きな力を発揮するんじゃないかな~と考えています。

 

ここで、できたというのは、『心が作られた』という表現のほうが分かりやすいかもしれません。

今朝もお祈り会の帰り道で阪大生と会いましたが、

本当に心を作ろうと努力している姿が美しいです。

 

学問では学べない人生の問題の答えを

若いうちに見つけ 自分を磨き

個人 家庭 民族 世界のために生きる 阪大生になることをお祈りしています。

 

『人は学んでこそ、教えることができる』

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
miyachan

miyachan

尾崎豊の十七歳の地図って歌、知ってるかい!この歌の「何のために生きてるのかわからなくなるよ」というフレーズ。19歳の自分にピッタリはまったよ。 なぜ、生きるかを知りたくて過ごした日々、奇跡的に摂理と出会うようになったんだ。 あれから20年、御言葉を聞き、今は結婚して二人娘のパパ。 そして仕事はフリーランスSE。鄭明析先生の御言葉でさらに大傑作人生に挑戦中だ!
miyachan

最新記事 by miyachan (全て見る)