こんにちは!子育て満喫中のまりもです☆

突然ですが、皆さん

スマホって一日どれぐらい触ってますか?

 

子育て勉強会に行くとよく言われるのが

「スマホは子供に見せない!触らせない!」

日本小児科医会が「スマホに子守をさせないで」というポスターを出しているのは有名なところで。。

 

テレビも3歳ぐらいまでは見せないほうがいいというのは

一般的にも言われていますし

まりも宅にはそもそもテレビがないのでいいんですが

スマホは・・・

どうしても使ってしまう・・・

 

最初はかなり過敏になっていて

隠したり、色々しました。

でも自分が使ってたらどうしたって気になるもの。

子供に見せない、だけではなく

スマホを使っていることに夢中になり子供とのコミュニケーションがおろそかになるという、大人の使い方もよく注意されるところ

でも、急ぎの用事もあるんです・・・

 

以前参加したベテラン保育士さんが講師の会では

「最近はラインだかなんだかですか?私からしたらそんな子供ほったらかして何をそんなにすることがあるんだか理解できません」

これにはちょっと、ウーーーーン

となってしまったまりも

周りのママさんたちもあんまりいい顔はしていなかったですね

言い方もあると思うんですが^^;

 

でも、確かに一理ある。

実際、そんなにずっと見てる必要あるのかな

 

自分も食事中に旦那さんかスマホ離せないとやっぱりちょっとやめてほしいし

家の中でもずーっとスマホ使ってると

もちろん、仕事ととか大事な用事でやってるのもわかるけど

ちょっとのぞいた時に、ニュースとか楽○とか見てると

それ、今する必要ある??と思っちゃうことも

 

まーちゃんも一緒だよね

ママーってきて

遊んでて

ふと見たらスマホに向かってぽちぽちしてたら

やっぱ悲しいよね・・・

 

ということで

使用時間を制限したり

置く場所を決めて持ち歩かないようにしたり

 

色々しては見たんです

 

 

やっぱ触ってるわー(><)

 

特にラインはマメに見てしまっている・・・

もちろん大事な用事もあったりするんですが・・

一方でいっときは反応をマメに返さないといけないことに疲れて

全部退会したい。。と思った時期も

 

でも、ある時この背景にある心理に気づきました。

「誰かと繋がっていたい」

 

それに気づいたのはまーちゃんの激しい食べこぼしをいつものように雑巾掛けしていた時

ふと、自分がホールのバイトをしていた時のことを思い出し

これ、バイトだったら評価ポイントじゃない?

 

実際、まーちゃんと外食に行って、床を一生懸命拭いていると

店員さんが来て、いいですよーって雑巾掛けしてくれると

正直、なんていい店だ!と印象は良くなります

そんな感じで、もしもこれが家じゃなかったら、誰かが見ていたら

私、結構褒められても良くない?

どんなにひっくり返されても、投げつけられても

笑顔で黙々と掃除し続ける毎食って

結構偉くない?

バイトだったら、評価上がるんじゃない?

 

そんなことを考えた時

ああ、私は誰かに自分が頑張ってるってわかってほしいと思っているんだ

そう気づいたんです

 

そして、スマホを触ってしまうのは

子供とずっと二人でいると

時にすごく孤独感に襲われる

だから

「誰かと繋がっていたい」

その欲求の表れが

スマホで誰かから連絡が来ていないかちょくちょく見てしまったり

誰かのあげた投稿に反応したり

自分の投稿への反応を気にしたり・・・

 

そう気づいて、子供を遊ばせているお母さんたちが

携帯を触っているのを見ると

なんだか切ない気持ちになりました

 

どれだけ人との関わりに飢えているのか

 

子供との閉鎖空間の中で

誰にも評価もしてもらえず

これでいいのか

自分は「いい親」になれているんだろうか

不安で

もっともっと・・・

 

これでは苦しくなりますよね

 

そう、まりももそうやって苦しくなっていたんです。

 

(続く)

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
まりも

まりも

人生にさ迷っていた大学院時代に北の大地で摂理に出会い、散り散りだった日々がまりものように丸くまとまり始める。その後、仕事で首都圏へ。湖に帰りたいと泣きながら激務によりいっそう練達され、大分美しい球状に近づいてきた。近年、暑さに弱いのに日本有数の暑さを誇る地に嫁入り。負けじと光合成に励み、子まりもを増殖。現在は阿寒湖のように懐広い夫と共に子まりも、まーちゃんの育児に奮闘中。
まりも

最新記事 by まりも (全て見る)