「たまには(笑)、ぱんだパパの靴も磨いてあげよう」

そう思って、

あまり使っていない靴磨き一式を出してきて、

玄関に座り込んだ

 

あれ、靴ずみが出てこない、

チューブの中をのぞいた、その瞬間!

 

目に真っ黒な何かが飛び込んできて、

視界が真っ黒になった

 

これはまずい、

靴ずみがたくさん目に入ったらしい

早く洗い流さなくっちゃ

 

あわてて、洗面所で顔と目を洗う

最初は全く目が開けられなかったけれど、

徐々に目が開けられるようになり、

真っ黒だった水が少しずつ透明になり、

ようやく鏡を見た

 

目は見えるし、顔もきれいになった。

ひどいことにならなくてよかった。

神様に感謝した

 

 

次は玄関の掃除をしなくっちゃ

後ろを振り返ると、

顔で靴ずみの大部分を受け止めたらしく、

周りは黒い汚れが飛び散っている程度。

 

とはいえ、賃貸なので、きれいに落とさなくては!

 

劇落ちくんである程度は落としたが、

やはり汚れは取れなかった

もうこのままで行くしかない(がっくり)

 

ひととおり終わった後で

「神様、これは何か意味がありますか?」

神様に聞いてみた

答えがどうだったかはヒミツだが、

捨てるべきものが多いことがわかった

 

 

みなさん、

絵の具や靴ずみのチューブが

固まって出てこなくても、

決してのぞきこまないで下さいね(当たり前か)

 

あっこ

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)