梅雨に入る直前、

買い物のついでにジョギングして

足を伸ばして、隣町の商店街に行った

 

お目当は、商店街にあるお豆腐屋さん。

 

工場で作ったパックされたお豆腐じゃなくて、

手作りのお豆腐屋さんのお豆腐を娘に食べさせたくて、

久しぶりにお豆腐屋さんに足をのばした

 

お豆腐屋さんとおしゃべりしていたら、

なぜかインタビューのような展開になった(^_^;)

 

 

あっこ「朝は何時に起きるんですか?」

豆腐「毎朝、2時半に起きて、仕込むんだよ」

 

あっこ「え、じゃ、何時に寝るんですか?」

豆腐「寝るのは夜の7時半だな。

それ以上はもう起きていられないよ。」

 

 

あっこ「水道が2つありますね」

豆腐「1つはとても冷たい水が出るんだよ。

お豆腐を入れている場所の水温は10度、

その水を保つために、

冷たい水が出る水道から水を入れるんだ。」

 

あっこ「なんで、いくつも仕切りがあるんですか?」

豆腐「お豆腐から白い汚れが出るから、

ひんぱんに豆腐を入れ替えるためだよ。

水が汚れてきたら、きれいな水を入れて、

手でお豆腐を移す。

そういう生活を何十年もしてきたよ」

 

10度の水!

夏は気持ちがいいけれど、冬も素手で

肘より上まで水に手を入れるなんて

冷たいだろうに!!

 

朝2時半!

絵本には5時って書いてあったけれど、

もっと早いんだ!

夏はともかく、冬は寒いだろうに!

 

お豆腐屋さんの仕事のハードさにびっくりした

 

お豆腐屋さんの手作りのお豆腐、

それを保つための

何十年間も、何世代も続いている

毎日の生活で積み重ねられた

たゆまない努力に感心した

 

何十年も続けているから、

普通の人にはできない生活、

大変な仕事という気負った雰囲気はなく、

当たり前のように語るお豆腐屋さんのおじいさん、

その曲がった腰と引きずっている足に

年月の重みを感じた

 

だから、工場で大量生産して

スーパーで買うお豆腐とは

比べ物にならない味がするんだ

 

生おからも初めて買ってみた

「お豆腐屋さんの生おからは特別においしいよ。」

にかっと笑うお豆腐屋さんのおじいさん

 

よく食べるお豆腐、

いつもスーパーで楽に買っていたけれど、

たまにはお豆腐屋さんまで足をのばして

買いにこようっと

 

あっこ

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)