子育て奮闘中

改め、

子育て満喫中のまりもです

 

いやはやお久しぶりです。

 

まーちゃんも一歳を過ぎ

様々状況が変わってきました

 

そしてそんな中で最近まりもが感じること

 

子育ては

大変だけど

楽しい!!!

 

正直、0歳の時は自分もわけがわからないことが多過ぎて

毎日いっぱいいっぱいで

しかも一人の生活からのギアチェンジがなかなかできず

すごくもがくことも多かったのですが

1歳を過ぎて

乳児から幼児に変わりつつある今

コミニュケーションもだいぶ取れるようになり

自分で動き回るようにもなり

ああ、本当に一人の人間になってきた(笑)

と感じると同時に

気づいたら

なんか毎日がすごく楽しんです!

 

もちろん、まだまだ大変なことは多いです

離乳食とか・・・(まーちゃんは偏食(;;))

でも、奮闘というよりは

満喫だな、と

 

この子供と過ごせる時間も

長いようであっという間

その時間を

思いっきり、今、満喫してるんだなって

 

どっぷり子育てにはまってます(笑)

 

そして一年経って、

まりももだいぶ成長したなあと思うところも。

 

この子のおかげで心身強くなったし

健康になったし(笑)←人生最高の痩せ期です

忍耐強くも前よりはなったと思う

この子がいなかったら

そう考えた時、

まーちゃんに感謝しかないし

まーちゃんを授けてくださった神様に感謝しかない

神様は「私」を愛するから「私」にとって一番良い道に導いてくださっている

それを結局はいつも実感するしかない

 

一人の時のようにはいかないこともたくさんあって

信仰の面ではうまくできなくてもがくこともあるけど

先日、公園へベビーカーを押しながらふと呟いた

摂理にいると信仰だけでも忙しいのに

生活も忙しくていっぱいいっぱいだー(T▽T)

でもそこで気づいた

それって、信仰が生活化してないってことじゃない?

 

摂理は信仰と生活が一体。

それは生活の中で信仰をするということ

教会に行く時だけ、じゃないし

信仰のために社会生活そっちのけってことでもない

生活をしながら、その中で信仰をする

形式じゃない、生きた信仰

だから鄭明析先生の御言葉は実利的だし、生活の知恵も入ってる

 

でも自分は気づいたら

信仰と生活が乖離してたんじゃないだろうか

だから二足草鞋は履けないということ

いっぱいいっぱいになっても仕方ない

二つが一つにならないといけない

 

そこから生活を見直し

 

生活の中で信仰っていうと堅苦しいけれど

信仰を持って何をするか

神様を信じ、神様を愛し、神様に仕えること

これを生活の中でするということなので

ご飯を作りながら、洗濯をしながら、買い物をしながら

神様を考え、対話して、一緒に過ごす

 

このなんでもないような

それでいてとても幸せな

これがちゃんとできてなかったんだと気がついた

 

信仰生活って実はすごくシンプルなのかも

 

子供といると、子供に伝えるために

言葉もシンプルになる

でもすごく凝縮した言葉

同じく

考えもすごくシンプルになるのかも

でもある意味洗練される

 

本当に!

子育てが楽しい!!

 

満喫中のまりもです☆

 

 

 

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

まりも

人生にさ迷っていた大学院時代に北の大地で摂理に出会い、散り散りだった日々がまりものように丸くまとまり始める。その後、仕事で首都圏へ。湖に帰りたいと泣きながら激務によりいっそう練達され、大分美しい球状に近づいてきた。近年、暑さに弱いのに日本有数の暑さを誇る地に嫁入り。負けじと光合成に励み、子まりもを増殖。現在は阿寒湖のように懐広い夫と共に子まりも、まーちゃんの育児に奮闘中。

最新記事 by まりも (全て見る)