(メダカの卵 その1より続く)

我が家に来て、
過酷な水替えにも耐え
生き残った3匹のメダカたち

GWに旅行に出ていたので、
メダカちゃんたちが生き残れるか、

ちょっと心配でした

帰ってみたら、なんと卵を産んでいました

気がついたのは
小学生のチタちゃん

オスとメスが受精のために
一緒に泳いでいるのも
見たそうです

卵や稚魚を
親メダカと一緒の水槽に入れておくと
餌と間違えて食べてしまうそうなので、
別水槽に移す必要があります

卵なんてとったこともない
あっこママ、

ネットでいろいろ調べた上で
卵の確保に四苦八苦(笑)

水草ごとそっと別の水槽に移したり、

手でそっとすくったり、
20個近くの卵が取れました

「かわいーい」
冬の間、動きがなくて
見向きもしなかった子供たち、
毎日メダカの水槽に釘付けです(笑)

小学5年生のチタちゃんが
学校の自主学習(※)のネタとして
ノートに大きくメダカの絵を描きました

(※)家庭学習として、自分の好きなテーマを選んで学ぶもので、
高学年から宿題として自主学習をやるように言われています。

摂理メンバーからもらったメダカ、
チタちゃんの宿題のネタになるなんて
思ってもいませんでした

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)
アバター

最新記事 by あっこママ (全て見る)