こども・子育て

摂理の子供たちと神様の対話 〜神様の手と足


摂理のあっこママです

 

iphoneで雲の写真を見ていたら、

電車で遊んでいた6歳のトラ君が

「あ、それ、手のかたちだね」

そして、

「かみさまのゆびにんぎょうだ」と

言いました

 

神様が空で子供たちに指人形で

何を話してくださっているのでしょうか?

 

 

それを聞いて

10歳のチタちゃんは

「足の形に見える。

神様の足に見えるね」

 

神様がチタちゃんの方へ

歩いてくるのかな。

 

 

そして、朝ご飯のおかずで

チーズの卵焼きを食べていたトラ君、

ふと見ると、

卵焼きがハートの形になっていました(^^)

 

あっこママが「これはすごーい」と言ったら

「そうだね」とトラ君にっこり

 

子供たちって

大人がいる世界とはちがうものを見ているとは

よく言われるけれど、

大人が想像するよりも

はるかに神様の近くに

暮らしているのかもしれませんね

 

あっこ

 


ABOUT ME
Avatar photo
あっこママ
早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 高校生のチタちゃん(女子)と小学校高学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときに摂理に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は在宅ワーカーとして自分を作り中。 趣味は食べること、ウォーキング、旅行、動物園・水族館に行くこと、悩みは偏食&少食の子供たち、彼らが食べる簡単おいしいご飯を探求中!