こども・子育て

先生の祈りの形象 〜小学校の図工の作品


昨日、10歳のチタちゃんが

帰宅早々、話し出しました

 

「学校でね、図工のときに、

電のこ(電気ノコリギ)使ったんだけど、

勝手に先生の形になってびっくりした」

 

??

 

意味がわからないので、

もう一度聞くと

 

 

どうやら図工の時間に

電気のこぎりで木を切っていたら

手がすべって、

作ろうとしたものとは違う形に

勝手に木が切れてしまった。

失敗したと思ったら、

その形が

先生のお祈りの形象だった、

ということです

 

 

たしかに、

たまにメンバーが雲で見るような

先生のお祈りしている形象に

木がキレイに切れています

 

「ほら、

どう見ても先生のお祈りしている形でしょう。

びっくりしちゃったよ」

 

もともと作ろうとしたのを変えて、

先生の家という作品にしようかと

考えているそうです(^^)

 

 

あっこママもその形象を見て

びっくり!

 

電気ノコギリが滑ってできたとは

思えないくらい、

キレイな形です

 

そして、学校にいるときにも

その形を見て、

「先生がお祈りしている姿」と

思ったチタちゃんが

素晴らしいと思いました(^^)

 

チタちゃん、学校でも

神様と一緒にいることを

感じているんだね。

 

あっこ

 

 

 


ABOUT ME
あっこママ
早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 高校生のチタちゃん(女子)と小学校高学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときに摂理に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は在宅ワーカーとして自分を作り中。 趣味は食べること、ウォーキング、旅行、動物園・水族館に行くこと、悩みは偏食&少食の子供たち、彼らが食べる簡単おいしいご飯を探求中!