摂理の結婚生活

教会への道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先生が昔、朝のお祈り会の時に教会までの道を早く起きて雪かきをしたという話を聞きました!

お祈り会に来られるお年寄りが来れるようにされたそうです。

すごい!と思い、僕も一度やってみたいと思いました。

ある日、家から教会までの道をゴミ拾いしました!

同じく雪かきではありませんでしたが、8kmの道のりを先生の心情を感じたいと思ってやってみました。

いくつか悟りがありました。

☆部はゴミを罪に置き換えた時さらに深い悟りになりました。

●ゴミが落ちているところはたくさん落ちている。何かゴミ捨て場のように錯覚するようです。

ゴミが落ちているところはそのゴミを拾ってあげないとどんどん捨てられてしまいます。

☆知らずに犯している罪。癖になっておかしていることがある。

●人のゴミを拾ってあげることはできても完全に無くすことはできません。最終的にそのゴミをなくす工場が必要。

☆罪を無くすことが出来る方は神様であり、神様が遣わした方。

最後に。。。

主に祈って罪を完全に悔い改めて生きたいと感じました!

ゴミを無くす工場を作って下さった神様に感謝です!

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 自分の好み 〜神様と自分の考えは異なる
  2. 摂理で辛いときに乗り越えたこと
  3. 友達の友達は高校の同級生だった。摂理に出会ったきっかけ
  4. 初めてのバイブルスタディー
  5. ぶどう園の想い出 その1
  6. 自分がどれだけ貴重な存在なのか
  7. 体がつらくても・・・ 〜先生の姿
  8. 切実な祈り~父の余命宣告~

聖書・御言葉

月明洞

摂理の食卓・レシピ

PAGE TOP