摂理ママのあっこです

先日、子供たちを連れて病院に行き、
インフルエンザの予防接種の1回目を
うってきました。

2回目は11月後半、
免疫をつけるのに
ぎりぎり良いタイミングです

さて、
元”宗教嫌い”のあっこママの
カルト宗教へのイメージ

「病気になっても祈って治せと言われる」
「病院に行かせず、輸血や治療を断り、死ぬ」

さて、摂理はどうかといえば・・・

摂理には医療チームがあります。

現役のお医者さんや看護婦さんが多くおり、
適時アドバイスもくれるし、
医療的な相談にも乗ってくれます

もちろん現役の医者、看護婦なので、
最先端の医療技術をもとにしています

日本ではありませんが、
現役の医者、看護婦が集まって建てた
摂理の病院もあると聞いた事があります

また、この時期になると、
科学的な根拠を明示した上で、
「インフルエンザの予防接種を受けましょう」と
注意をうながしてくれます

あっこママの子供たちは
適時、年齢に応じて
必要な予防接種は全てしています

去年、
トラ君が胃腸炎になったときも
同じ教会の看護婦さんが
相談にのってくれて

近くの大病院で点滴を受けて
難を逃れました

とても心強かったです。

というわけで、
予防接種の面から考えても
摂理はカルトではありません

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)