旬の食材、新玉ねぎとそら豆を使って、

簡単な一品作りました

 

参考にしたのは、クックパッドの

tomimoさんのこちらのレシピ

 

《材料》

・新玉ねぎ 1個

・塩ゆでしたそら豆 数個

・溶けるチーズ 適量

・コショウ、マヨネーズ 少々

 

《作り方》

・新玉ねぎをスライスする。

・フライパンにマヨネーズを入れ(バターのように)、新玉ねぎがしんなりするまで炒める(コショウはお好みで)

・耐熱皿に、新玉ねぎをしき、その上にそら豆、溶けるチーズを入れ、トースターでチーズが焼き色がつくまで温める(焼き色はお好みで)

玉ねぎ嫌いの子供たち、

机で新玉ねぎを切っていたら、

宿題をやっていた子供たちが

「目がいたいーー」と大騒ぎ(笑)

夕食の一品として出した途端、なにやら騒ぎ出したと思ったら、

「下痢をした後のトイレに入っちゃったニオイがする」

 

なんじゃ、そりゃ。

玉ねぎのニオイのことを言っているんだろうか(意味不明)

 

子供たち、玉ねぎは食べようとしなかったので、

そら豆のチーズかけ(上だけ)を食べさせました(苦笑)

 

好き嫌いが多すぎる我が家の子供たち、

小学校の給食で、大変苦戦しており、

下校後、「今日の給食はおいしかった?」と聞くと

「今日は、食べるものが何もなかった」

「今日は、白いご飯だけ食べた」

とこれまた意味不明なコメントが帰ってきます(^_^;)

 

給食のメニューを見ると、

栄養士さんが考えたおいしそうな献立が並んでおり、

 

あっこママが給食の時間だけ代わりに食べに行くか、

持ち帰り弁当にしてくれればいいのにー

本気で思ってしまう小学生の母でした(^^;

 

あっこ

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)