つれづれ日記

新しい自分に会える、感謝と賛美あふれる生活。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年新しくなったことのひとつ。

生活の中で、感謝と賛美が増えたこと。

そのきっかけは?摂理教会早朝礼拝

早朝©摂理hiroko

早朝©摂理hiroko

 

ひろこママが通っている摂理教会では

早朝から神様にお祈りと賛美を捧げる時間がある。

神様を近くに感じられる貴重な時間。

賛美の時間は司会をたてて、みんなで一緒に捧げる。

 

今年から、

賛美司会を部署ごとにローテーションすることになった。

女子学生、男子学生、女性社会人、男性社会人などなど・・・。

今までも、期間限定でこういうことは何度もあったが、

家庭を持つ人々は、ほぼローテーションから外れていた。

家が遠かったり、子供がいて朝から教会に来れなかったりなどの理由で。

 

しかし、今年は

家庭を持っている人々で担当する曜日が一日できた。

担当の日に、どのように賛美を捧げようかと

教会の家庭を持つみんなで相談した結果!!

奥様達と旦那様達が隔週で捧げてみようということになった。

なんでもないことのようだが、

家庭を持っているひろこママの中では新たな挑戦だった。

「本当に、できるだろうか」

という不安もあった。

子育てが始まってから、子供から手が離せないなどの理由で

ひろこママは早朝礼拝を教会で守ることができないという現象が続いていた。

かれこれ6年・・・。

 

 

摂理で結婚して家庭を持つまでは

教会で早朝礼拝を守ることは普通だったし

当たり前のように毎日通っていた。

当たり前すぎて、価値が分からず感謝が足りなかったのも事実。

今になって、その貴重さを深く感じるようになった。

 

 

隠密に働かれる神様。

このイベントを通じて神様が大きく感動を与えてくださり

2週間に一回だけではあるが

ひろこママも教会で早朝礼拝を捧げることができるようになった。

もちろん、まだ手が離せない赤ちゃんがいるママさんや

遠方の奥様は現地参加はできないけれど、

教会の奥様達全員で、当日の服の色や曲を選曲。

2週間各自が生活で賛美しながら、

また歌詞も覚えながら感謝を捧げる生活する。

 

子供の状況によって

当日の朝まで参加できるかどうか分からない人も多い。

参加できる奥様たちは数人だとしても

他の奥様たちの2週間分のまごころもこめて感謝賛美する。

神様は、小さなまごころも受け取ってくださっていることを

生活の中で感じる日々。

神様、本当に感謝します。

 

最近は、娘みいも一緒に歌詞を覚えて歌うことが多くなった。

最高の祝福をくださった主に感謝する歌が彼女のお気に入りで

私よりも先にすべての歌詞を覚えた娘6歳。

恐るべき記憶力。

ひろこママがたまに歌詞を間違えると・・・・

娘みい『ママ、歌詞が違うよ。そこは〇〇だよ。』

と教えてくれる、頼もしい娘。

小学校もはじまり、これから更にパワーアップしそう。

 

様々なイベント、時には娘を通しても

わたしを成長させてくださろうとしている神様に感謝を捧げます。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Illustratorでイラスト練習!うさぎ
  2. 『昨日は怒ってごめんね』謝罪で始める朝
  3. 新入社員のメリット
  4. 神様の御働き ~職場編~
  5. 東京初雪
  6. はやぶさ大好き
  7. 一番のり!!でも・・・ちょっと早すぎたかな?
  8. 好きな聖書の言葉

聖書・御言葉

  1. お祈りの効果

月明洞

摂理の食卓・レシピ

PAGE TOP