摂理ママのあっこです

先日、東京都心地域の小学生たちが
放課後に集まるプログラムに
参加しました

場所はなんと、
皇居の中の北の丸公園!!

東京のど真ん中ながら、
思いがけず自然豊かです

耳をすますと
鳥の声と虫の声しか聞こえず、
緑の空間が広がります

都心にこんな豊かな自然があったなんて!!

東京在住30年以上の
あっこママも
知りませんでした(脱帽)

 

1〜6年までの子供たちが集まり、
体を目一杯動かし、
五感を働かせて、
自然の中で
神様の創造した世界を
体で感じるプログラム。

まずは、体を動かして
全力で走り回るゲームに
銀河たち(摂理の子供達)大喜び!

次は、
神様の作られた世界を
見てみよう、ということで
ミクロの世界への探検開始!

地面に腹ばいになって
虫眼鏡をくっつけて
草や葉っぱを観察します

太い木の上のほうに登って
木の幹や虫を観察している
子もいます

子供たち数人が並んで
腹ばいになって地面を見ていると、

元小学校教諭の女性牧師さんも
隣に腹ばいになり、
みんなで一緒に一列に並んで
虫眼鏡をのぞきこんでいます

あまりにも微笑ましい風景

最初は
他のママたちとおしゃべりしていた
あっこママ、

幼稚園生のトラ君に引っ張られて
地面に顔をつけて
虫眼鏡をのぞきます

虫眼鏡の向こうでは
芝生が大きく天に向かって伸びています
「うわぁ、葉っぱが大木みたいだ!」

虫眼鏡の中に
大きな大きなありがいて、ぞぞっ!

人は視点が変わると、
これほどまでに見えるものも
感じるものも変わるかと
改めて感じました

ありのような視点で生きれば
小さな葉っぱも、木のように大きく感じ、
小さな虫も、猛獣のように恐れます

神様から見て
人間の視点、考えはあまりにも低く、
地を這っています

神様の考えと人間の考えは
あまりにちがいます

それを鄭明析先生が
明快に教えてくださいました

 [鄭明析牧師の明け方の御言葉より]

 

<神様の考え>と<人間の考え>との差は、「成功と失敗」の差だ。

「生と死」の差だ。

「すべきこととすべきことでないこと」の差だ。

 

そこまでちがうとは!

神様の考えで生きたいと願うのが自然です。

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)