教会のイベントで「のどか村」に行ってきました!

目当ては、いちご狩り

毎年、教会のイベントとして行われてます。

今年は親御さんと来ている人もいました。

うちの母親も誘ってみましたが予定が合わず、参加できませんでした。

ここのいちご狩りのメリットは予約なしですべて早い者勝ちです。

毎年の恒例行事のため、やり方は分かっていて、

一番手が思いっきり早く現地に到着します。

今回はのどか村の職員よりも先に到着して開園を40分ほど待ちました。

開園数分前には多くの車が到着。開園後数分でいちご狩りの受付は終了となりました。

時が大事ですね。

全員でひとつのビニールハウスのいちごを30分食べ放題です。

 

とにかく食べまくりました。

20人もいたら結構食べますね。

赤いのはほとんど食べつくしたんじゃないかと思うくらいに。

 

二番目の娘がいちご好きで、毎日のようにいちごを食べてたので、

たらふく食べて満足したことと思います。

 

そのあとは鶏小屋に卵を取りに行く体験をしましたが、

鶏たちが人に慣れていて足を突っついてきました。

よくよく聞いてみるとそれが鶏の愛情表現とか。

卵をゲットした人はそのまま野外食堂で卵かけご飯を食べてました。

もう、いちごでお腹いっぱいになってましたが、結構おいしくて、完食できました!

寒い冬の合間に少しあったかい日を用意して下さり、

教会の人たちと楽しく対話したり、食事したりと楽しく過ごしました。

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
miyachan

miyachan

尾崎豊の十七歳の地図って歌、知ってるかい!この歌の「何のために生きてるのかわからなくなるよ」というフレーズ。19歳の自分にピッタリはまったよ。 なぜ、生きるかを知りたくて過ごした日々、奇跡的に摂理と出会うようになったんだ。 あれから20年、御言葉を聞き、今は結婚して二人娘のパパ。 そして仕事はフリーランスSE。鄭明析先生の御言葉でさらに大傑作人生に挑戦中だ!
miyachan

最新記事 by miyachan (全て見る)