どうもこんにちは。

徳島だよりの時間です。

さて、最近話題になってる本があります。

それがこちら。

タイトルは「命の道を行く」

そう、鄭明析牧師の歩んできた半生が本になって、全国の書店で発売されるようになったのです。

本当にすごいことです。

私は発売した7月下旬に、早速近くの書店を探し回りましたが、なかなか見つからず…

書店に注文して取り寄せてもらい、1週間くらい待ってようやく届きました。

本を手に取った瞬間に感動が押し寄せました。

まだ読んでもいないのに。

買ったその日の夜に、妻と一緒に一気に読みました。

牧師先生の歩んできた道のりが、とても分かりやすく書かれていました。

牧師先生が過去に御言葉で話してくださった内容も多く、更に私が初めて知ることもたくさんありました。

苦難なことも山ほどあったけど、ひたすら神様を愛してここまで来た牧師先生。

人生に悩んでいる多くの人たちを救うために、御言葉を伝えてきた牧師先生。

この本を読んで、多くの人が牧師先生を知るようになってほしいと願います。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
義高(よしたか)

義高(よしたか)

徳島県で働く地方公務員です。大学生の時に「キリスト教福音宣教会(摂理)」に出会いました。趣味は音楽(ギター、ベース、カホン等)、鉄道、旅行、美味いもの巡り、お笑い、不定期に行なう筋トレ、ラケット系競技など。基本的にのんびりまったりとした人間です。最近のマイブームは卓球、ワールドカップを機にサッカー観戦にもハマりそう。摂理で出会った人と結婚し、秋に待望の第一子である男の子(まーくん)が誕生しました!
義高(よしたか)

最新記事 by 義高(よしたか) (全て見る)