皆さんは、子供に教えるときにどんなことに気をつけて話をしますか?
子供たちに聖書を教えることがありますが、大人が知っている言葉を羅列したら、ちんぷんかんぷんですね。
よく教えるためには、子供の分かる言語を使わなければなりません。
たとえば、ただちにという言葉を小学2年生に使ったら意味がわかりませんでした。
何が分らないのか掴めないので、一旦、文章に書いてみます。
そうすると、見えてきます。
立場にたって考えることが大事ですね。

パパは難しい言葉を使いたくなるようですが、少しの気遣いで、子供との会話も弾んできますね(^-^)/

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
miyachan

miyachan

尾崎豊の十七歳の地図って歌、知ってるかい!この歌の「何のために生きてるのかわからなくなるよ」というフレーズ。19歳の自分にピッタリはまったよ。 なぜ、生きるかを知りたくて過ごした日々、奇跡的に摂理と出会うようになったんだ。 あれから20年、御言葉を聞き、今は結婚して二人娘のパパ。 そして仕事はフリーランスSE。鄭明析先生の御言葉でさらに大傑作人生に挑戦中だ!
miyachan

最新記事 by miyachan (全て見る)