7月中頃、家族で泊まりに行った箱根で見つけた

メスのコクワガタ、

うちに来て2ヶ月ほどたった今も、元気で生きています

 

(↓箱根で見つけたときの写真)

 

その前後に、

埼玉の山奥で見つけたコクワガタの雄と、

家のそばの駐輪場で見つけたコクワガタの雄は、

メスと一緒のケースに入れて飼ったこともあったけれど、

夏の終わりごろ、カブトムシたちと一緒に死んでしまった

 

(↓在りし日の雄のコクワガタ)

 

「クワガタは越冬するって言ってたけれど、しんじゃうんだね」

ちょっとがっかりしていたチタちゃんとトラ君。

 

でも、メスのコクワガタは元気に動いている

 

メスだから強いのか(^_^;)、

まだ産まれたばかりのコクワガタを捕まえたのか、

このまま越冬してくれるといいなぁ

 

朽木を入れておいたが

(100均で買ってきて、1日水でふやかしてから入れる)

木の皮をはがして、ぼろぼろして、

皮の内側に通路を作っている

 

冬眠の準備なのか、そういう習性なのかは

初めて飼ったので、要観察(^ ^)

 

(↓朽木を入れたばかり、つがいのコクワガタ)

 

求愛行動っぽいことをしていたので、

雄が生きている時は飼育ケースに一緒に入れて

つがいにしたけれど、幼虫がいる気配はないから、

卵は生まなかったのかもしれない

 

 

カブトムシと違うのは、コクワガタは小さいから

昆虫ゼリーの減りが遅い。

 

カブトムシは昆虫ゼリー1個を

1日で食べつくしていたけれど、

コクワガタはゼリー1個を1週間入れたままでも

まだ残っている

 

小さいから土の汚れもそれほどではないし、

何よりも小さくてかわいい(^ ^)

 

来年からは、

カブトムシじゃなくて、コクワガタを飼いたいなぁ

 

もっぱら昆虫世話係に専念せざるをえない

あっこママの願いであった

 

あっこ

 

 


The following two tabs change content below.
あっこママ

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)