こども・子育て

良い種探し 〜「種」の歴史


摂理ママのあっこです

去年、稲を収穫した後に
教会の小学生たちと一緒に
「良い種えらび」をしました

サッカー好きのやんちゃな男子、
本好きの静かな女子、
科学好きのおしゃべり男子、
運動神経抜群の女子、

いろんな個性の小学生たちが
頭を寄せて、
たくさんの稲の粒から

種にする「良い種」を選び出し、

残りは
食べるために使うことになります。

素人、というか小学生でも
明らかに
良い種とそうでないか、
ある程度見分けられました

今年も子供たちと
良い種探しをしようかと思いつつ、
もう11月、

月日が過ぎるのは早いです(汗)
img_2558.jpeg
2015年 鄭明析牧師の御言葉より

稲作をしてから、
穀物の中から「よい稲の種」を先に選びます。

もし「一万石 の稲」が収穫できたら、
その中から
種として使うものを
かます 一つ分残します。

<一万石の稲>は料理をして食べて終わり、
<選んだ一かますの、種となる稲>を
また蒔いて稲作をして、
黄金の平野を作ります。

<種>は、最初は「微弱」です。

しかし、
時間が経てば経つほど
「壮大」になります。

よい稲の種が
その年の稲作の勝敗を左右します。
だから「種」が大事です。

宗教の歴史を見ても
その時代に神様が遣わした人は「種」です。
その人を通して広げられる
神様の歴史も「種」です。

その「種」を通して
すべての人間を救って黄金の平野に作り、
その「種」を通して
神様の御心を成して黄金の平野にします。

<種一つ>が全世界を黄金の平野に染めます。

img_2559.jpeg

摂理は種の歴史です。

種の歴史だから
最初は微弱だけど
時間が経てば
大きく広がります

イエス様が生きておられる時は
小さい群れだったけれど、
2000年経った今は
大きな歴史だと
誰もが認めるように

約40年前、
鄭明析(チョンミョンソク)先生を通して
神様が始められた摂理、

時間が経てば経つほど
世界に広がって
今は多くの国で多くの人々が
毎日、同じ御言葉を聞いて、
神様を信じ、愛して、
生きています

先生の真の姿を見れば、
ちゃんと御言葉を聞けば、

摂理が「種」の歴史だと
納得することでしょう

あっこ


ABOUT ME
あっこママ
早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 高校生のチタちゃん(女子)と小学校高学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときに摂理に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は在宅ワーカーとして自分を作り中。 趣味は食べること、ウォーキング、旅行、動物園・水族館に行くこと、悩みは偏食&少食の子供たち、彼らが食べる簡単おいしいご飯を探求中!